美肌

【紫外線対策】絶対に焼けたくない私が揃えている「おすすめグッズ」紹介します

f:id:muhuhu:20170314132704j:plain

日焼け、すごく気になりますよね…。

健康的な小麦色の肌も良いとは思いますが、やはり美容のことを第一に考えると、紫外線は絶対に避けたいです。

というのも、年齢を重ねると軽い日焼けでもシミやシワに繋がりますし、若い頃に比べて、いったん焼けてしまった肌が元に戻るまでにはすごく時間がかかるからです。

ただ、いくら日焼けが嫌だからと言っても、闇雲に紫外線対策グッズを買い漁るのはオススメできません。

今回はコスパにこだわった紫外線対策を実践している私が、「これは買って良かった」と感じているグッズをご紹介します。

日焼けによるシミシワをどうにかしたい!と思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

絶対に焼きたくないなら揃えておこう!

紫外線対策を意識していても、うっかり日焼けってよくあるものです。でも、そんなうっかり日焼けこそ、あとあとシミにつながりやすいのです。

ここから紹介する紫外線対策グッズを揃えてもらえば、日差しの強い日の外出も怖くなくなりますよ。

UV99%以上カットの日傘

日光を遮断! 晴雨兼用 日傘 かわいいドーム型 生地裏シルバーコーティング フリル付 UVカット 紫外線遮蔽率99% UPF50+ 60cm 手開き傘 (紺)

日焼け防止の紫外線対策をするなら、日傘は絶対に必要です。これは断言できます。

日焼け止めクリームや帽子だと、どうしてもムラができやすく紫外線を予防しきれない部分がありますが、日傘は日光を広い範囲で遮断できるので、紫外線対策の効果はかなり高いです。

もちろんアスファルトからの照り返しなどもあるので「万能」とは言い切れませんが、数ある紫外線グッズの中で最も効果を感じられるのは間違いないです。

日傘を購入する時の注意点

本気の紫外線予防をするなら日傘は必需品ですが、購入する時にはUVのカット率もチェックして下さい。

UVカット率99%以上だと布地が分厚くて重めになりますが、どうせ日傘をさすなら効果の高いものじゃないと意味がありません。

また、UVカット率の他に大きさもチェックして下さい。

日傘って普通の雨傘より小さいものが多いのですが、それだと全身を覆うことが出来ないので、真夏の日中になると紫外線をしっかりカバーすることが難しくなってしまいます。

日傘のサイズは大きめのものを選んで、全身を紫外線から守れるかチェックした上で購入しましょう。

アゴひも付きのUVカット帽子

基本的に紫外線は日傘で防ぐのが1番ですが、自転車に乗っている時や子どもを連れている時など、どうしても日傘がさせない状況もありますよね。

紫外線が気になるけど、今は日傘はさせないし、仕方ないか…

そう思う時でも、最低限、UVカット機能のついた帽子はかぶるようにしてください。

UVカット機能の帽子があれば顔や首回りの日焼けをある程度防いでくれますから、手があいてなくて日傘がさせなくても安心できます。

私は帽子をかぶった上で日傘をさしていますが、自転車で買い物に行く時にはアゴひも付きのUVカット帽子だけで、顔と首回りの紫外線対策をしていますよ。

スポンサーリンク

 

UVカット用の手袋

手指の日焼け予防には、UVカット用の手袋をつけるようにしましょう。

できれば指までのものでUVカット率が高いものを選んで下さい。

長袖を着ている時用に短いものと、半袖の時用に長い丈のもの、2種類あれば安心です。私はいつもバッグの中に入れておいて、外を歩く時だけつけるようにしています。

日焼け止めクリーム・日焼け止めスプレー

日焼け止めクリームやスプレーは、こまめに塗っておけば日焼けで肌が黒くなるのを防いでくれます。

ただ、紫外線を完全にカットするわけではないので、いくら日焼け止めクリームを塗っても多少は焼けてしまうことがあると思います。

SPF値が高いクリームの方が日焼けしにくくはなりますが、その分、肌への負担も大きくなるので敏感肌の人は注意です。

ちなみにSPF値は紫外線を浴びてから肌が焼けるまでの時間を遅らせる時間の目安とされていて、15分くらいで焼ける場合は、その時間×SPF値の分だけ「日焼けするまでの時間」を伸ばすことができるのです。

とはいえ日焼け止めクリームやスプレーだけでは、日焼け予防はなかなか難しいですので、日傘や帽子を併用してくださいね。

ケシミンクリーム

私は紫外線をたくさん浴びてしまった日には、必ずお風呂上がりにケシミンクリームを塗りこんでいます。

日焼けによるシミそばかすを防ぐ美白美容クリームって色々あるので、ケシミンクリームにかぎらず、そういったものを常備しておくようにして下さい。

ケシミンクリームはコスパが良くてすごく気に入っているので、美白にお金をかけたくない人にはオススメですよ。

ケシミンクリームの効果を口コミ! 3本目まで使って顔のシミは消せたかな…? 顔にできてしまったシミをなんとか消したい。 消すのが無理なら薄くするだけでもいいから、シミをどうにかしたい! という...

美白化粧品

毎日の肌のお手入れに使うスキンケア化粧品も、美白効果のあるものを選びましょう。

私は「アスタリフト」の美白シリーズを使っているので、新しくシミやシワが出来ないように予防できています。

化粧品は自分の肌に合うものを選ぶようにして下さいね。

美白サプリメント

春〜夏の期間は美白サプリメントを飲むようにしておけば、うっかり紫外線を浴びてしまってもシミを作らずに済みます。

私は「トランシーノ」を飲んでますが、美白サプリメントだったら、なんでも自分の気に入る物で大丈夫ですよ。

ただ、飲んでみて副作用を感じる時には使用を中止して下さいね。

美白サプリメントの中には胸焼けや下痢を起こすものもたまにあるので、飲み始めは注意が必要です。

紫外線対策は万全に!

最初にも書きましたが、いったん日焼けでシミやシワが出来ると、全てをきれいに元通りにするのは難しいです。

なので、美白・美肌を目指すなら、いかに日焼けしないように気を付けるかが大切。

ここで紹介した紫外線対策が、少しでもお役に立てば嬉しいと思っています。