『生姜白湯(しょうがさゆ)』の健康・ダイエット効果まとめ|簡単な作り方と飲み方のポイント

f:id:muhuhu:20180112164725j:plain

ダイエットはもちろん、風邪やインフルエンザ予防にもおすすめの「生姜白湯(しょうがさゆ)」は、シンプルな材料で作り方も簡単。

こまめに飲んで喉を潤わせれば健康効果が高くなるので、空気の乾燥する季節には特におすすめです。

今回は、「生姜白湯」のダイエット効果や健康効果と、作り方レシピ・飲み方のポイントをまとめてみました。

美味しくて体に良い生姜白湯のお手軽レシピ、ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク
 

生姜白湯(しょうがさゆ)とは?

生姜白湯とは、その名の通り「生姜入りの白湯」のことをいいます。

白湯ダイエットは数年前からブームになっていますし、しょうがは健康効果が高いことで有名ですよね。

白湯(サユ)には健康・美容効果がたくさんあります

白湯を日常的に飲むと体の中をキレイに整えてくれて、長く続ければ解毒効果も高いといわれていますよ。

モデルさんや女優さんでも白湯を飲んでいる女性は多いですし、水筒で白湯を持ち歩いているという話もよく聞きますね。

いつまでも若々しく美しい深田恭子さんも、実は白湯ダイエットをしているそうです。

ちなみに、白湯の主な健康・美容効果はこんな感じになっています。

  • 便秘解消
  • ダイエット
  • 美肌
  • 不眠の改善

体にたまった老廃物や毒素を排出することで、さまざまな効果があらわれるのですね。

生姜(ショウガ)は積極的に食べたい健康食材

生姜は、「ジンゲロール」という成分の働きで、血行が良くなり新陳代謝もアップします。そのため、風邪予防やダイエットの効果が高いのです。

また、抗酸化作用もありますからアンチエイジングには最適の食材ですね。

血の巡りを良くすると内臓の冷えが解消されるので、低体温や不眠で悩んでいる人にもピッタリですよ。

スポンサーリンク
 

生姜白湯の簡単な作り方

生姜白湯は、鍋で白湯を沸かす時に生姜の薄切りを数枚入れておくだけで作れます。

生姜の量が多いと辛味が強くなるので、苦手な人は少なめにしておいて下さいね。

  1. 鍋に水と生姜をいれる
  2. 一度沸騰させてから火を切り、適温まで冷まして飲む

鍋を使わなくても、マグカップに水と生姜を入れてレンジで2分ほど温めれば出来上がりです。

この方法だと洗い物が増えなくておすすめです。

  1. マグカップに水と生姜スライスを入れる(私は2枚ですが、お好みで)
  2. レンジで2分ほど温める(機種によって温める時間は調節してください)

生姜パウダーや練り生姜でも作れると言う人がいますが、それだと生姜以外の添加物が入ってしまったり、生姜本来の風味が楽しめなかったりするので、できれば生姜だけは用意した方が良いと思います。

生姜はスライスして冷凍保存できるので、いちいち切るのが面倒な人は作り置きして冷凍しておけば簡単です。

はちみつや砂糖で甘みをプラスしよう

生姜白湯はそのまま飲んでも良いですが、はちみつや砂糖を入れると甘みが出て飲みやすいです。

はちみつを入れると喉が潤いますし、便秘解消の効果がさらにアップしますよ。

香りを楽しむだけでもリラックスできるので、風邪気味や体調が悪い時に、ぜひ試してみてくださいね。

生姜白湯を飲むだけでなぜ痩せる?

生姜白湯のダイエット効果が高いのは、白湯と生姜自体がダイエットに最適だということと、水分をこまめに摂ることが痩せやすい身体作りに役立つという理由があります。

お腹が減っていないのに、何か食べたくなったり飲みたくなったりすることってありますよね?

こういう、空腹感と関係なく「何かお腹に入れたい」という欲求が出てくる原因には、体内の水分不足があるといわれているのです。

脂っこい食事や塩分の多い食事のあとにスイーツやコーヒーが欲しくなるのも、実は体からの「水分欲しい」という信号を、体が勝手に誤解してしまっている場合もあるのです。

本当は水1杯で満足できるはずが、カロリーの高いデザートやドリンクをお腹に入れてしまう。

そうした残念な失敗をしないためには、こまめな水分補給が必要。

というわけで、生姜白湯のような飲み物をこまめに飲んでおくことで、「お腹減って無いけど何か食べたい」という欲求が出にくくなって痩せられるわけです。

飲んでみた感想を口コミしてみる

テレビや雑誌で「生姜白湯」が紹介されているのを見てから、私もほぼ毎日飲んでいるので口コミしてみます。

まず、味ですが、想像以上にあっさりとした感じで、多少ピリピリきますが、お茶の感覚でゴクゴク飲めます。

湯気とともにのぼってくる生姜の香りがすごく好きで、なんだかリラックス効果があるように感じますよ。

健康効果については、寝付きが良くなったのと、風邪を全然ひいていないのがありますね。ダイエット効果は、いまのところ「痩せた!」という実感はありませんが、便通はすごく良くなっています。

これからずっと続けていけば、そのうち体重が減って行くのではないかと期待してます。

緑茶を作るより簡単で、なにより洗い物が増えないので、私のようなズボラ主婦にはぴったりの飲み物ですね。

生姜白湯を飲む時の注意点

生姜白湯は一気にたくさん飲むのではなく、一杯を時間をかけて楽しみましょう。

生姜は飲み過ぎると胃に負担になることもあります。

「日経ウーマンオンライン」には、お医者様のアドバイスで「飲む量の目安は800ml以内」と書いてありましたよ。

以前流行した「酢しょうが」も、食べ過ぎて胃が痛くなった人がいたようなので、過剰に飲み過ぎないように気を付けて下さいね。

スポンサーリンク