「酢納豆(すなっとう)」でダイエット!効果的な作り方と美味しい食べ方

f:id:muhuhu:20180808175401j:plain

納豆にお酢を入れて食べる「酢納豆」は、手軽に始められて身体にも良いということで、健康を気遣う女性の中でブームになっています。

テレビや雑誌で取り上げられることも多いので、すでに試してみた人も多いかも知れませんね。

なんと、女優の藤原紀香さんやフリーアナウンサーの福澤朗さんも食べているそうで、酢納豆が美しさや元気の素になることが証明されているのです。

今回は酢納豆でダイエットをする時の作り方や食べ方を詳しくまとめて、上手に痩せる方法を紹介します。

スポンサーリンク
 

酢納豆の作り方はとっても簡単!

酢しょうがに酢キャベツなど、お酢を使ったダイエット食材は数々ありますが、その中でも一番簡単に作れるのが酢納豆なのです。

他の食材は事前にお酢につけ込む調理が必要ですが、酢納豆に関しては納豆を食べる時にお酢をかけるだけ。

とてもシンプルでお金もかからず、それでいてダイエット効果が高いので注目度が高いのもうなずけますね。

酢納豆に入れるお酢の量とタイミング

1パックの納豆の量は大体40~50gなので、そこにお酢をどばどば入れると酸っぱくて食べにくくなります。

それに、加熱しないお酢をたくさん摂取すると胃が荒れて健康にも良くないので、いくらダイエット効果があっても1度に食べる量は制限しておくべきなのです。

ということで、酢納豆に入れる酢の量は、1パックにつき小さじ1杯になります。

それ以上入れると酸味がきつくなり、胸焼けの原因にもなるので注意して下さいね。

お酢によっては甘みをプラスして調味されているものもありますが、納豆に入れるなら調味していないそのままのお酢がおすすめですよ。

酸っぱいものが苦手な時はフルーツ酢を

納豆にそのまま酢をかけるので、酸っぱいものが苦手な人には食べにくいかも知れません。

そんな時は、リンゴ酢などの果物から作られたお酢を試してみて下さい。

私は普段からリンゴ酢を使っているのですが、酸味が柔らかく口当たりがマイルドなので、酢納豆だけではなく色々な料理に合います。

ドレッシングに使うと爽やかな味に仕上がりますし、普通の穀物酢や米酢より本当に美味しいので、酢納豆にも絶対におすすめですよ。

酢納豆をアレンジしても良い感じ

酢納豆は納豆とタレを混ぜてからお酢をかけて、もう1度混ぜてから食べます。

そのままでも充分美味しいですが、玉ねぎスライスやきのこ類、ナッツを一緒に混ぜるともっと美味しくなります。

注意点は、酢納豆はもともと酸っぱいので、酸味のあるものと混ぜると変な味になってしまうこと。

例えば、キムチと納豆ってベストな組み合わせなのですが、酢納豆と混ぜてしまうとキムチの酸味とお酢の酸味がケンカして味がおかしくなります。

なので、酢納豆に合わせる食材は酸味のないもので選んだ方が良いです。

個人的にオススメなのは砕いたクルミやアーモンドで、程よい酸味とナッツの香ばしさで相性が良いです。

スポンサーリンク
 

酢納豆でダイエットができるのはなぜ?

酢納豆でなぜ痩せるのか、ダイエット効果が高いのかというと、酢の脂肪燃焼効果と納豆の血液サラサラ効果のおかげで、身体の代謝がアップするからです。

簡単に言うと、酢納豆は「めぐりを良くする効果」があって、ダイエットには最適の食材というわけなのです。

お酢のダイエット効果

f:id:muhuhu:20180808175426j:plain

  • 内臓脂肪が減る
  • 血圧が下がる
  • 血糖値の上昇を緩やかにする
  • 代謝を活性化する
  • 疲れをとる

(効果には個人差があります)

納豆のダイエット効果

  • 血液をサラサラにする
  • 腸内環境を整える
  • 代謝を良くする

(効果には個人差があります)

酢納豆を食べる時の注意点とは?

健康効果とダイエット効果の高い酢納豆ですが、だからといって食べ過ぎると逆効果になってしまいます。

というのも、納豆に含まれる納豆キナーゼやお酢に含まれる酢酸は、適切な量を摂れば身体に良いのですが、過剰にたくさん摂取すると健康被害を引き起こすこともあるからです。

ダイエットになる、痩せる、と言われると、ついついそればかり食べて効果を上げたくなるもの。

しかし、何事も節度を守らなければ最大限の効果は得られないのです。

酢納豆の1日の適切な量は1パックで、それ以上食べても、食べた分だけ効果が上乗せされるわけではありません。

食べる時間は朝昼晩のいつでも良いですし、間食に食べても大丈夫です。

でも1日に何回も酢納豆を食べるのはやめておきましょうね。

酢納豆を食べるベストなタイミングは…?

納豆は食べ応えがあって腹持ちが良いため、ダイエットとして酢納豆を食べるなら夕食が一番ベストです。

一番最初に酢納豆を食べておくと、そのあとにどか食いしてしまうことを防げますし、食後も満腹感が持続するため夜の間食を防止する効果がありますよ。

夜に食欲が起きやすい人は、酢納豆を夕食に取り入れることで、さらにダイエット効果が高まりますね。

酢納豆でやせる! 病気が治る! (テレビで大反響! 腸も血管も目も若返る特効食)

こちらの記事もどうぞ

www.moriumino.com

www.moriumino.com

www.moriumino.com

スポンサーリンク