テレビ番組

歌のチカラで元気になれる!映画『SINGシング』あらすじと感想、楽曲と声優キャストをまとめました

Sing (Original Motion Picture Soundtrack Deluxe)

大ヒット映画『ミニオンズ』シリーズなどを手がけている「イルミネーション・エンターテイメント」の最新作『SINGシング』を、先日子ども達と一緒に観てきました。

『SINGシング』は、ウッチャンナンチャンの内村さんが主人公の声を担当することでも話題になっていますが、『ミニオンズ』と同じように、個性溢れる可愛らしいキャラクターがたくさん登場することや、劇中で世界的なヒットソングが次々に流れて楽しめるのも魅力なんです。

「音楽のチカラで元気になれる」がコンセプトの『SINGシング』は、「最近気分が晴れないなぁ〜」って時にもおすすめです。

あらすじと感想をまとめてみましたので、まだ観ていない人は是非チェックしてくださいね。

『SINGシング』あらすじ

シング-オリジナル・サウンドトラック

コアラのバスター・ムーンは、子どもの頃にスター歌手ナナのステージを観たことをきっかけに、劇場の魅力にとりつかれます。

「自分の劇場を持ちたい!」

そんなムーンの願いは優しい父親のたゆまぬ努力によって叶い、ムーンは念願の「ムーン劇場」を手に入れるのです。

しかし、かつては賑わっていた劇場も現在では客足が遠のき、劇場を存続させるための資金もムーンの手には残っていません。

「なんとかしなくちゃ…」

劇場を心から愛するムーンが劇場を存続させるために考えたアイデアが、「歌唱コンテスト」のプロデュースだったのです。

寂れかけた劇場がスターの原石の集まる宝石箱に変われば、きっと劇場は賑わいを取り戻すはず!

持ち前の楽観主義で困難を乗り越えようと奮闘するムーンですが、秘書のミス・クローリーの手違いで窮地に立たされることに…

個性溢れるキャラクターと声優キャスト

映画 SING シング ポスター 42x30cm マシュー マコノヒー リース ウィザースプーン セス マクファーレン スカーレット ヨハンソン [並行輸入品]

バスター・ムーン / 内村光良さん

主人公のムーンはとにかくポジティブで、たとえ散々な目にあっても落ち込んだり後悔したりせず突き進む性格です。

オンボロな劇場をなんとか再生させるために奮闘をするものの、それが逆効果になっていることもしばしば…

でも、どんな時でも劇場を愛する気持ちだけは揺るがず、父親が自分のために築いてくれた劇場を何が何でも守ろうとするポジティブな姿を観ているとなんだかこちらまで元気がもらえますよ。

ムーンのキャラクターと内村さんの声とか話し方はすごく合っていて、映画の中で完全に2人が重なっていました。

内村さんは映画好きで自分で監督をすることもありますが、子どもの頃からの憧れを歳を重ねても愛し続けている姿勢は、ムーンと同じものを感じますね。

アッシュ / 長澤まさみさん

ヤマアラシのアッシュは、アメリカのティーンエイジャーそのものみたいなキャラクターです。

ムーン劇場のオーディションには彼氏と2人で参加したものの、アッシュだけが合格したことで関係に亀裂が入ります。

パンクロックをこよなく愛する少女のパワフルなステージは、うちの子ども達にも大ウケでした。

長澤まさみさんの歌って初めて聴いたのですが、すごく上手で驚きました。美人でスタイルも良くて演技もうまくて、その上に歌も上手だなんて…

ジョニー / スキマスイッチ大橋卓弥さん

ゴリラのジョニーはギャングの父親を手伝いながら、本当は歌手になることを夢見ている心優しい青年です。

ワイルドな世界に身を置き、父親を尊敬しながらも、「歌をうたいたい」という気持ちをおさえきれずにいます。

スキマスイッチの大橋さんが声優を務めているだけあって、ジョニーのステージは本当に格好良くて聴き入ってしまいました。エルトン・ジョンの「アイム・スティル・スタンディング」を大橋さんが歌ったの、めちゃくちゃ良かったです。

「これはサントラを買わなくちゃ」と思ったのですが、映画館で売ってなかったのでAmazonで買いました。

スポンサーリンク

 

ミーナ / MISIAさん

引っ込み思案であがり症のミーナは、両親のすすめでムーン劇場のオーディションに参加したものの、結局、実力を発揮できないまま終わってしまいます。

本当はバツグンの歌唱力がありながら、どうしても人前に出ると緊張してしまうミーナ。

しかし、ステージクルーとしてムーンや他の出演者と接するうちに、ミーナの中で少しずつ何かが変化していくのです。

こちらも、声優をMISIAさんがされているので、ずばぬけた歌唱力だったことは当然のことですが、ミーナの歌うソウルミュージックが堪能できたのが良かったです。

子ども達にも、普段は聴かないような楽曲にふれることができて素晴らしい体験になったと思います。

ロジータ / 坂本真綾さん

専業主婦として25匹の子ブタの世話に追われながら、「歌が大好き」という気持ちをおさえられずオーディションに参加したロジータ。

子どもは可愛いし夫のことも愛しているけれど、それでも夢を諦めたくない。そんなロジータの気持ちに共感する主婦も多いと思います。

劇場のレッスンと主婦業の両立に悩んだロジータが、閉店間際のスーパーマーケットで覚醒する場面はとっても素敵でした。

グンター / トレンディエンジェル斉藤さん

陽気なシンガーのグンターは、ムーンに命じられてロジータとペアを組むことになります。

戸惑うロジータをリードして熱くレッスンに励んだり、時には仲間を気遣う優しい姿も見られます。

ストーリーの中で目立った活躍はないものの、『SINGシング』の中で最も愛すべきキャラクターかも知れないと思いました。

『SINGシング』使用楽曲

  1. 「Faith」 スティーヴィー・ワンダー feat. アリアナ・グランデ
  2. 「愛しておくれ 」 スペンサー・デイヴィス・グループ
  3. 「The Way I Feel Inside」 タロン・エガートン(大橋卓弥) /原曲 ゾンビーズ
  4. 「Let’s Face the Music and Dance 」セス・マクファーレン /原曲 ウィリー・ネルソン
  5. 「I Don’t Wanna 」スカーレット・ヨハンソン & ベック・ベネット
  6. 「ヴィーナス 」リース・ウィザースプーン & ニック・クロール / 原曲 ショッキング・ブルー
  7. 「バンボレオ(英語版)」ジプシー・キングス
  8. 「Hallelujah 」トリー・ケリー(MISIA) / 原曲 レナード・コーエン
  9. 「アンダー・プレッシャー 」クイーン feat. デヴィッド・ボウイ
  10. 「シェイク・イット・オフ 」リース・ウィザースプーン & ニック・クロール(坂本真綾 & 斎藤司)原曲 テイラー・スウィフト
  11. 「I’m Still Standing 」タロン・エガートン(大橋卓弥)/ 原曲 エルトン・ジョン
  12. 「Set It All Free 」スカーレット・ヨハンソン(長澤まさみ)
  13. 「マイ・ウェイ 」セス・マクファーレン(山寺宏一) / 原曲 フランク・シナトラ
  14. 「くよくよするなよ! 」トリー・ケリー(MISIA) / 原曲 スティーヴィー・ワンダー
  15. 「ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト 」ジェニファー・ハドソン / 原曲 ビートルズ
  16. 「にんじゃりばんばん」「きらきらキラー」「こいこいこい 」 原曲 きゃりーぱみゅぱみゅ

とにかく観るべし

アニメ映画といえば子どもが観るものだというイメージもありますが、『SINGシング』は大人が観ても絶対に楽しめますし、音楽が好きな人には特におすすめです。

映画の中に登場する楽曲は有名なものばかりで、誰もが1度は聴いたことがあって気分が盛り上がること間違い無しですよ。

「イルミネーション・エンターテインメント」はまだまだ新しい映画会社だと思うのですが、こうしてヒット作を次々に出しているのはすごいことだと思いました。

夏に公開されるミニオンズの新作にも期待しています。