【リア充アピール代行】「SNSのための友達派遣」とは?…1人8000円払えばリア充になれるらしい

f:id:muhuhu:20171003101956j:plain

リア充アピール代行』というサービスが、最近「あさイチ」や「モーニングショー」で紹介されて、すごく注目されているようです。

リア充アピール代行はその名の通り、依頼主がリア充(充実した生活をしている人)に見えるように、演出してくれるサービスのこと。

具体的には、インスタグラムやFacebookなどのSNSにアップする用のリア充写真を撮影するために、「偽りの友人、恋人、仲間」などを派遣してくれるのです。

「お金を払ってまでSNSでリア充アピールしなくても…」

という意見も多いですが、意外に「自分もやってみたい!」という人も沢山いるんですよね。

今回は『リア充アピール代行』のサービス内容や料金、利用方法をまとめてみました!

スポンサーリンク
 

リア充アピール代行とは?

リア充アピール代行は、『ファミリーロマンス』という会社が行なっている代行サービスのひとつです。

ファミリーロマンスはこの他にも父親代行母親代行、レンタルフレンド、レンタル彼氏などの代行サービスのほか、結婚式や葬式などの出席者派遣などもやっています。

リア充アピールといえば、SNS上で「人生楽しい!最高!」と言わんばかりのキラキラ写真をアップして、いいねやリツイートをたくさん貰える感じのアレですよね。

これは本当にリア充な人なら、普段の生活をそのまま投稿しておけば良いわけです。

しかし、実は友達も少なくて冴えない毎日を送っている…という人だと、リア充写真を撮りたくても撮る機会がありません

そんな人が、

「どうしてもリア充アピールしてみたい!」

と思ったら、お金を払ってでも人を雇うしか仕方ないんです。

ビジネスに繋がることも

普通の人だったら、お金を払ってまで人を集めてリア充アピールするメリットって、そんなにありませんよね。

お金をかけてリア充写真とっても、「いいね」が集まって、少し得意気な顔をしたら終わりです。

しかし、ネットビジネスを展開しようとしている人や、たとえばサロンなどを開こうとしている人だと、よりたくさんの人に「自分は幸せな生活送っていますよ」ということを分かりやすく伝えることが稼ぎに繋がります

なので、リア充アピール代行を頼んででも、たくさんの人に囲まれて慕われている写真を撮ってSNSにアップしておくことは、初期投資としてメリットがあると考える人もいるのではないでしょうか。

リア充アピール代行の料金

リア充アピール代行は、1人当たり2時間8000円で来てくれるそうです。

これと別に、交通費は全額こちらの負担になります。

時給にして4000円…

普通の人が払うにはちょっと高いように思いますが、演出代も込みと考えれば、それなりの料金だなと思いますね。

●ファミリーロマンス「リア充アピール代行サービス」

スポンサーリンク
 

頼んでいるのは30代が多いらしい

リア充代行を紹介していた「あさイチ」や「モーニングショー」によると、この代行サービスを頼んでいるのは30代の人が多いそうです。

お金に余裕がある人が利用するのでしょうか。

リア充アピール代行の依頼は、多い時は月に40件もあるそうです。

リア充アピールでやってくれること

ファミリーロマンスの公式サイトに掲載されている口コミによると…

ある女性は、男女の5人のグループで海で遊んでいる写真を撮ってもらったそう。

5人ということは4万円ですね。

依頼のきっかけは、ブログとSNS用のリア充アピールをしたかったことだそうで、結果、いいねもたくさんもらえたようですよ。

また別の男性は、10人頼んで、ホテルで自分の誕生日パーティーを開き、サプライズの体で写真を撮ったそうです。

それをTwitterとFacebookにアップして自慢ができたのだとか。

モーニングショーでは、300万円使って5人グループをアメリカ旅行に連れて行き、SNS用の写真を撮った人がいると紹介していました。

いやはや、ものすごいお金持ちなんでしょうね…

社員旅行みたいな感じにしたかったのでしょうか?ちょっと設定が分かりませんが、とにかくすごいなと思いました。

キラキラ写真も演出する時代?

以前は、SNSの写真って日常のありふれた風景の中で切り取った瞬間を共有する役割が大きかったと思うのですが、最近では、写真そのものを演出して、自分の価値を上げようとする人が増えているんですね。

それはそれで悪くはないと思いますが、なんでかんでも演出ありきになってしまうと、何気ない一言でもストレートに信用できなくなっちゃいますよね。

まあ、人生に一度くらいは、大勢にチヤホヤされてる写真を撮ってみるのも面白いかも知れませんけどね…

スポンサーリンク