「ブラウザに関する意見調査」はフィッシング詐欺だった!原因と対処方法

今朝、ネットでニュース記事を読んでいたら、いきなり「本日のラッキーな訪問者はあなたです」というメッセージがあらわれました。

f:id:muhuhu:20170416132135p:plain

「ラッキーな訪問者」って…、私はただニュース読んでただけなんですけども。

この手の「おめでとう」から始まる詐欺は今までにたくさん経験しているので、「またか…」と、すぐにタブを閉じようと思ったのですが、せっかくだからブログ記事にでもしてみようかと思い直してスクリーンショットを撮ってみました。

スポンサーリンク
 

『HD Streaming Movies』って何?

上の画面でOKを押すと、次にこういうメッセージと質問があらわれます。

f:id:muhuhu:20170416133219p:plain

「おめでとうございます!」と、突然の祝福。どうやら私は「2017年年次訪問者調査」の参加者に特別に選んでもらえたようです。

応募もしていないのに選んでもらえるなんて、ラッキーガールにもほどがありますね。

しかも、まだ何もしていないというのに「感謝の印」である『HD Streaming Movies』を獲得するチャンスまで与えられてしまいました。

ただ祝福してくれるだけじゃなく、プレゼントまで用意してくれているなんて至れり尽くせりです。

でも、「HD Streaming Movies」って一体なんですか?

HD Streaming Moviesが何なのか知りたくて色々調べてみましたが、結局何なのか分かりませんでした。

「HD Streaming Movies」の検索結果には、「詐欺」「フィッシング詐欺」「危険」「注意」「気を付けろ」という、なんとも物騒なワードが並んでいます。

どこにも、「HD Streaming Moviesはこういうものだよ」という情報が存在しないのです。

ひっかかったらどうなるか

日常的にインターネットを利用する人なら、こういうページが表示された時点で「詐欺だな」と理解して静かにタブかブラウザを閉じると思います。

でも、あまりこうした「ネット上にはびこるフィッシング詐欺」に免疫がない方だと、表示されるメッセージを素直に受け取って詐欺にひっかかってしまう可能性もありますよね。

じゃあ、もしもこの詐欺に引っかかったらどうなるのか。

私とまったく同じ種類の「ブラウザに関する意見調査」のフィッシング詐欺について、迷惑メール評論家のGO羽鳥さんがわざと詐欺に引っかかって記事にしてくれているので、そちらを参考に「引っかかったらどうなるか」を紹介します。

『ブラウザに関する意見調査』詐欺に引っかかったら

  1. ブラウザやネット利用に関する簡単なアンケートに4問答える
  2. 「調査完了」のメッセージが表示され、アンケートをどこかに送信する画面になる(時間がかかる)
  3. 「在庫確認中」のメッセージが表示される
  4. 運良く「HD Streaming Movies」の在庫が1つだけ残っていたようで、「参加のお礼に用意しております」というメッセージが表示される
  5. 「ここをクリック」をクリックする
  6. 今すぐ無料でサインアップという画面に切り替わり、メールアドレスとパスワードを入力させられる
  7. 次の画面ではクレジットカード情報を入力させられる
  8. 入力が完了して「アカウントを確認」をクリックする
  9. 「登録が完了しました!」のメッセージ
  10. 自動的に「MUSICS247」という謎の音楽サイトが表示される
  11. 自動的に寄付をお願いするサイトに切り替わる。画像は赤十字のものが使われ、「本日中に救いの手を」というメッセージ
  12. 寄付をして続行か、寄付をせずに続行というボタンがあり、寄付をせず続行をクリックする
  13. クレジットカードから2.25ドルを引き落としたというメッセージがあらわれる
  14. 続行を押すと音楽聞き放題サイト「MUSICS247」に繋がる
  15. 「MUSICS247」に登録しているアーティストは誰も知らないような人ばかり

詳しくはGO羽鳥さんの記事も合わせて読んでみて下さいね。

rocketnews24.com

スポンサーリンク
 

個人情報は絶対に入力しない!

さすがにクレジットカード情報まで入力してしまう人は少ないと思うのですが、次々にメッセージを表示したり画面を切り替えることで、相手が疑う前にさっさと情報を抜き取ってしまおうという手口なのでしょうね。

最初に入力させられるメールアドレスとパスワードは、いきなり言われると事前準備が無いので、よく使うアドレスやパスワードをついつい入力してしまうという被害者側の心理を利用しているのかなと感じます。

ネットショッピングなどを頻繁に利用する人だと、個人情報を入力することに慣れてしまって警戒心が弱まることもあると思うので、あらためて気を付けなくてはいけませんね。

私も結構無防備な所があるので「もっと注意しよう!」と思いました。

防ぐ方法はある?

こういう詐欺サイトが表示されるのって、やっぱり「自分のパソコンが危険に晒されているのかも」と心配になります。

知らないうちにウイルスに感染していたりハッキングされていることもあり得ない話ではないので、どうやったら防げるんだろうと不安になるわけです。

GO羽鳥さんによると、今回のフィッシング詐欺については、原因は未だ不明でランダム的に発生するものだそうです。

リンク先やプラグインなどに問題があるわけでもなく、特定できない何らかの方法で仕込んでいることを考えると、ひじょうに巧妙で技術力のある詐欺グループが関わっているのかも知れないですね。

今のところ原因が分からず防ぐ方法がないので、私たちができることは「ひっかからないように」自分自身で気を付けることですね。

  • 突然あやしいサイトが表示されたら、無視して、とりあえずタブかブラウザを閉じる。
  • 気になる時は、表示されたメッセージで検索をかけてみて、被害情報などが出ていないか確認する。
  • もしも何かトラブルに巻き込まれたら、詳しい人に相談をしてみる。

こうしたことを心がけて、詐欺の罠にかからないように注意しましょう。

スポンサーリンク