『ピーナッツ』はダイエット効果が高くておすすめ!抗酸化作用で健康と美容にピッタリの食材

訳あり千葉県産落花生 はねだし 320g

『あさイチ』でも特集された、ピーナッツの健康・美容効果。

ダイエットにも繋がりそうな感じで、すごく気になりますよね!

今日は『あさイチ』のピーナッツ特集の内容と、ピーナッツのダイエット効果についてまとめましたよ。

スポンサーリンク
 

ピーナッツはダイエットに効果がある?

ナッツ類と言えば脂質が多いイメージなので、「太りやすいんじゃないの?」と思う人もいるみたいですね。

確かにナッツ類には脂質が多いと言われていますが、ピーナッツに含まれている脂質は太りにくい種類の脂質なのだそうです。

しかも、ピーナッツにはオレイン酸やリノール酸などが沢山含まれているので、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を下げてくれる働きもあるのです。

また、ピーナッツの成分には抗酸化作用もあるということで、ダイエットはもちろん、健康と美容にもすごく効果的なのだそうですよ。

抗酸化作用って?

抗酸化作用とは、体の中で使われなかったエネルギーが錆び付くのを防いでくれる働きのことで、動脈硬化や生活習慣病のほか、がん予防にも効果があると言われています。

免疫や代謝がアップすることで、病気予防やアンチエイジングに最適なんですよ。

抗酸化作用のある食材としては、ピーナッツの他にも注目されているものが色々ありますね。

抗酸化作用のある食材
  • アボカド
  • バナナ
  • トマト
  • 緑黄色野菜
  • にんにく
  • しょうが
  • ナッツ類
  • みかん
  • りんご
  • 赤ワイン
  • 緑茶
スポンサーリンク
 

ピーナッツを食べると長生きできる!

『あさイチ』では、ピーナッツを食べると長生きできることを紹介していました。

すでに海外では「健康・長生き食材」として注目されているのですが、日本では、ピーナッツの効果があまり知られていないと言っていましたね。

私は普段あまりピーナッツを食べないのですが、そこまで注目食材なら、積極的に食べたいと思いました。

薄皮がポリフェノールの宝庫

あさイチで特におすすめしていたのが、ピーナッツの周りにある薄皮です。

ピーナッツの薄皮はポリフェノールの宝庫なのだそうで、ピーナッツを食べる時は絶対に薄皮をむかずに食べないといけないみたいですね。

食べる量の目安は、20~30粒だそうです。

注意点はなんといっても「薄皮付きで食べること」だと、あさイチで言っていましたよ。

『あさイチ』でおすすめの生ピーナッツはどこで買える?

『あさイチ』で紹介された生ピーナッツ…確かに美味しそうと思ったのですが、どこに行けば手に入るのか分からないですよね。

ピーナッツの産地である千葉とかなら普通に売っているのかも知れないですが、全国的にはなかなか買うのが難しい食材だと思います。

近くでは売っていないので、ネットで手に入らないかな…?

と探して見ると、Amazonで売っていました。

生ピーナッツは未調理のものを言うんですね。自分で茹でて食べたら美味しそうです。

薄皮付きピーナッツを美味しく食べよう

ピーナッツを皮付きで食べることで、ダイエット効果のほかに、老化防止や病気予防の効果もありますよ。

毎日少しずつでもピーナッツを食べれば、健康効果を持続させることができますね。

ちょっと小腹が空いた時のおやつ代わりに食べてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク