『おとなまき』の巻き方|自分でやれない時のオススメの対処法

f:id:muhuhu:20170906092700j:plain

画像引用元:おとなまきって何? | NPO法人美えな塾 Blog

最新の健康法として、海外からも注目されている『おとなまき』ですが、「どうやってやればいいの?」と、不思議に思っている人も多いですよね。

身体を丸めてきっちりと布に収まっている「おとなまき」の姿を見ると、確かに1人でやるのは難しいようにも感じます。

そこで今回は、「おとなまき」の巻き方とリラックス効果について、しっかり調べてまとめてみました。

日頃のストレスで疲れている人にはピッタリの健康法になっていますので、良かったら参考にしてみて下さいね。

「おとなまき」に興味津々!

スポンサーリンク
 

「おとなまき」とは?

最近話題になっている「おとなまき」とは、助産師で、「トコちゃんベルト」の開発者でもある渡部信子先生が発案された大人のリラックス法なのです。

赤ちゃんで言うと、「おひなまき」という体全体(顔以外)を布で包み込む方法がありますが、「おとなまき」は、それの大人版のような感じになっています。

人間は身体を丸めた姿勢が一番落ち着くと言われているのですが、自分の力で丸めていると、背中やお尻が疲れますよね。

「おとなまき」だと、柔らかい布が身体を包み込んで支えているので、筋肉を緩めながら落ち着く姿勢をとっていられるというわけです。

私は妊娠中、「トコちゃんベルト」にすごく助けられて、骨盤の痛みから救われた経験があるのですが、その「トコちゃんベルト」を開発された渡辺先生が「おとなまき」を発案されていたと知った時は「さすが!」と思いました。

『おとなまき』の巻き方

「おとなまき」って、誰かに結んでもらっている感じだけど、どうやってやれば良いのかよく分からないですよね。

自分でやってみてもよく分からない…

基本的なやり方を教えて欲しい。

そんな時は、まず「おとなまき」を体験できる講座に参加してみることがオススメです。

「NPO法人美えな塾」さんは、「おとなまき」のやり方をレクチャーする講座を各所で開かれています。

YouTubeでも「おとなまきの巻き方」を動画で公開されていて、細かい説明もしているので、こちらをチェックするのが良いと思いますよ。

www.youtube.com

スポンサーリンク
 

ハンモックもおすすめ

自分で「おとなまき」を巻くのは難しい…という人におすすめなのはハンモックです。

[Signstek]癒し睡眠に!野外・部屋ブーム ハンモック 蚊帳付き 深い緑仕様

最近はリビングにハンモックを設置しているお家も多くて、私の友達も数年前にハンモックを買って、すごく気に入っているみたいです。

ハンモックは、「おとなまき」ほどでは無いですが、体全体をしっかり包み込んでくれます。

また、身体が宙に浮いているので、うまい具合に力が抜けてすごくリラックスできますよ。

私が先日泊まったホテルにもハンモックがあったので、宿泊中、暇さえあればその中でずっと読書して、至福の時間を過ごしました。

子供も喜びますし、リラックス効果でいえばハンモックもなかなか良い線を行っていると思います。

まず、誰の力も借りなくて良いというのがメリットですよね。

「おとなまき」が健康に良い理由

「おとなまき」はリラックス効果が高いのが健康に繋がると言われていますが、その他にも、腰痛や首の痛みが軽減するという体験談もあります。

布の中で身体を丸める「Cカーブ」の姿勢は、見た目苦しそうですが、本人はとても開放感が味わえるそう。

人間にとっては、その姿勢が最も自然でラクに感じられるみたいですね。

安眠効果も高いと言われていますから、寝付きが悪くて悩んでいる人も、試してみると良いかも知れないですね。

悩み多き思春期の子供にも良さそうです。

スポンサーリンク