メルカリで売っている『妊娠米』に医学的根拠無し!『妊娠菌』なんて存在しない

f:id:muhuhu:20170502092611j:plain

5月3日追記

私がこの記事を書いたあとですが、メルカリ運営側が「妊娠菌」をうたった出品について「法律に抵触する恐れあり」として「妊娠菌商品」の削除を始めたようです。

2014年から3年間も放置していたのに、ネガティブな話題になるとすぐに対応するのってどうなんだろうか。

……追記ここまで……

 

メルカリで販売されている『妊娠米』というお米をご存知でしょうか。

なんでも、妊婦からでる「妊娠菌」をつけたお米なのだそうで、それを食べたりお守りにしたりすれば、不妊に悩む人でも妊娠できるようになるという理屈で販売されています。

ふうむ。

こういうの、買う人がいるんですねぇ…

まずはっきり言えることは、「妊娠菌」なんていう菌類は存在しませんよね。

妊娠は、菌やウイルスが原因で成り立つものではありませんので、『妊娠米』なんて、医学的根拠もなければ不妊に対する効果も全く無いんです。

スポンサーリンク
 

『妊娠米』を買い求める女性の気持ちはよく分かる

不妊に悩み、「妊娠している人にあやかりたい。」「ゲンを担ぎたい。」そう願う女性の気持ちはすごく分かるのです。

私も流産からの妊活経験がありますから、「何とかして元気な子供を授かりたい」「妊娠のために出来ることを何でもやりたい」という、切実な想いはすごく理解できます。

許せないのは、そうした不妊に悩む女性の気持ちを利用して、お金にかえようとする人達です。

毎日新聞のインタビューに答えている女性は、実際にメルカリに『妊娠米』を出品して「私も妊娠米のおかげで子供を授かりました」と書いておきながら、本当は独身で妊娠経験はなく、ただのお小遣い稼ぎで普通の米を出品していました。

実際に妊娠米を1合500円で数回販売した関東地方の20代女性は、取材に「ずっと独身で妊娠経験はない」と証言。しかし、販売ページには「私も妊娠米のおかげで子供を授かりました」とうそを書いていた。「友人から『簡単な小遣い稼ぎになる。妊娠していなくても平気』と聞いてまねをした。あくまで験担ぎ。買えば前向きに妊活に取り組めるのでは」と話した。

<「妊娠菌」付き米>ネットで高額売買 医学的根拠なし (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

メルカリ『妊娠米』出品者の説明では、「6人の子供がいる強烈菌」だとか「友達が8人妊婦になった」だとか、適当なことばかり書いてありますが、少し冷静になって考えてみて欲しいです。

医学的根拠がないと知りながら、あくまで「願掛け」として持っておきたいのなら、それはそれで自由です。

ただ、もしそうだとしたら、子宝神社などで手に入るお守りなどもありますし、子宝にまつわるパワースポットを巡ってみるのも良いと思います。

どこの誰が出品しているかも分からない出所不明のお米を食べたり、お守りにしたりすることが、健康な妊娠に繋がるとは思えません。

スポンサーリンク
 

高すぎる妊娠米

メルカリでは今現在も『妊娠米』が1合500円程度で販売されていて、すごく売れているようです。

米1合は約150gです。150gで500円ということは、5kgで約16600円になります。

コシヒカリやあきたこまちが大体5kg2000円で買えるので、『妊娠米』は、普通の米の8倍以上の金額で売られていることになりますよね。

もっと安い米なら1500円くらいで買えたりもするので、「良いお小遣い稼ぎ」と考えて手を出す人がいるのも無理はないのかも知れません。

「お小遣い稼ぎ」のために安易に『妊娠米』を販売する女性と、不妊に悩んで、藁をも掴む気持ちで『妊娠米』を購入する主婦。

本当に妊娠を経験した人が出品しているなら救いもあるのですが、妊活について何も考えず、無責任に出品する人がいることには許せない気持ちがします。

スポンサーリンク