ダイエット

糸こんにゃくダイエットの効果と簡単レシピを公開!

お腹いっぱい食べられて痩せられる糸こんにゃくダイエット。

私は以前から「やりたい」と思っていたのですが、糸こんにゃくばかり食べて大丈夫なのかな…という不安もありました。

しかし、空腹感と戦わなくて良いダイエットなら、ぜひ実践してみたくなりますよね。

ということで、ついに糸こんにゃくダイエットをやってみました。

こちらの記事では、こんにゃくダイエットの効果や、こんにゃくダイエットならではの注意点をまとめています。

私が実際に作って食べた超簡単な糸こんにゃくレシピも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

なぜ痩せる?「糸こんにゃくダイエット」とは

『糸こんにゃくダイエット』とは、糸こんにゃくをたくさん食べて痩せるダイエットです。

たくさん食べるというと抽象的になりますが、例えば1食分を糸こんにゃくメインの食事にするなどして、1日トータルのカロリー摂取を減らすダイエット方法になります。

こんにゃくは、カロリーがすごく低くてヘルシーな食材です。どれくらいヘルシーかというと、100gあたりのカロリーが約7kcal

同じ100gでも白米だと約350kcal、パスタだと約150kcalもありますから、それに比べるとこんにゃくがいかにカロリーが低いかが分かると思います。

しかも、こんにゃくは少量でも満腹感があって、そのあとに空腹を感じることはありません。

ダイエット中によくある、「カロリー制限をしたからお腹ペコペコ…」という状態にならないので、つらくないから実践しやすい初心者向けのダイエット食材と言えるのです。

ダイエットするなら糸こんにゃくを選ぼう

こんにゃくはダイエットにぴったりですが、板こんにゃくだと料理も限られていて食べにくいですよね。

ですからダイエットの時は糸こんにゃくやしらたきを使えば、麺類として普通に食べられる上に、板こんにゃくのような独特の匂いもなくて美味しく続けられるのです。

糸こんにゃくダイエットで白滝(しらたき)を使っても良い?

糸こんにゃくを買いに行くと同じ場所に「しらたき」も並んでいるので、どっちの方が良いのだろう?と疑問に思いますよね。

しらたきと糸こんにゃくの違いは何かというと、出来上がったこんにゃくを細くしたのが糸こんにゃく、固める前に細くして作っているのがしらたきです。

色が違うのは、こんにゃくにはひじきなどの海藻が混ぜられて色がついていますが、しらたきには何も混ぜられていないためです。

つまり結論としては、どちらもこんにゃくなので糸こんにゃくダイエットではどちらを使っても大丈夫ですよ。

板こんにゃくは美味しくないけど糸こんにゃくは美味しい

私は実は板こんにゃくってあまり好きではなくて、普段の食事で食べることはまずありませんでした。

匂いも食感も苦手ですし、こんにゃくを食べて「美味しい」と感じたことなど一度も無かったのです。

なので糸こんにゃくダイエットも続けられるか不安だったのですが、食べてみると、糸こんにゃくは板こんにゃくとは全く違っていて、全然クセがないし、ツルツルして食べやすいし、ソースやおだしが絡むようなメニューだとすごく美味しい!

本当に、うどんやパスタより美味しいのではないかと思うくらい糸こんにゃくにはまりました。

糸こんにゃくダイエットの簡単レシピを公開!

私の糸こんにゃくダイエットは、お昼ご飯に糸こんにゃくに置き換えて食べることにしました。

朝食や夕食は普段通りに家族と同じものを食べて、お昼だけは糸こんにゃくを使って簡単なメニューを作りました。

なぜお昼だけかというと、糸こんにゃくやこんにゃくは消化が悪いので、夜に食べると腸に溜まりやすくなってしまいます。

消化が悪いからこそダイエット効果が高いのですが、長い時間腸に溜まることで病気に繋がることもあると聞き、お昼のみにしました。

糸こんにゃくダイエットの注意点については下の方で解説していますので、実践する人はぜひそちらも確認して下さいね。

では、さっそく糸こんにゃくダイエットの簡単レシピを紹介します!

糸こんにゃくの明太子パスタのレシピ

  1. 糸こんにゃくを食べやすい長さにカットする
  2. 鍋にお湯を沸かして糸こんにゃくを入れて湯通しする
  3. フライパンに湯きりした糸こんにゃくを入れて水分が無くなるまで中火でから煎り
  4. バターを小さじ1くらい入れて全体になじませる
  5. お皿に盛りつけてパスタソースで和える

味付け自体はソースをあえるだけで簡単ですが、それまでに水分をしっかり飛ばして糸こんにゃくの風味を良くする行程が必要です。

ちょっと面倒くさいながらも、これをしないと味や食感がイマイチになるので、必ずやっておいてくださいね。

ちなみに、使ったのはこちら↓のパスタソースです。

糸こんにゃくの明太子パスタの感想

明太子パスタとは少し違いますが、普通に美味しいです。糸こんにゃくの固めの食感と明太子のつぶつぶがすごく良く合います。

これだけで食べても良いですし、肉料理や魚料理の付け合わせにするのもオススメです。

糸こんにゃくの肉うどんのレシピ

  1. 市販の麺つゆでうどんだしを作って火にかける
  2. 食べやすく切った牛肉と糸こんにゃくを入れて火を通す
  3. ほうれん草を入れて火を止めお好みで天かすを入れる

糸こんにゃく肉うどんの味の感想

うどん風に食べる時には事前に湯通ししたり炒めなくても良いです。

ただ、その分こんにゃくっぽさがそのまま残ります。完全に糸こんにゃくのまま、それをうどんつゆで食べている感じですね…。

これはこれで美味しいですし、私は本物のうどんより好きでした。

うどんや蕎麦を使うメニューを糸こんにゃくに変えれば、ヘルシーで色々なバリエーションが作れますね。

糸こんにゃくのボロネーゼのレシピ

こちらも、「あえるパスタソース」で和えただけの簡単レシピです。

和えるまでは湯通ししてフライパンで水分をしっかり飛ばして下さいね。

バターが無い時はオリーブオイルでも良いので、仕上げに振りかけてなじませると美味しくなります。

糸こんにゃくボロネーゼの味の感想

ボロネーゼのソースがこってりしているだけに、味のない糸こんにゃくにバッチリ合います。

糸こんにゃくの細い麺にソースがしっかりからむので、パスタよりも味がしっかりと感じられます。

パスタを食べると胃もたれをする人や小麦粉アレルギーがある人は、糸こんにゃくで代用すれば良いかも知れませんね。

ローソンのこんにゃく麺も食べてみた

次は自分で作ったのではありませんが、ローソンでこんにゃく麺が売っていたので、買ってきて食べました。

商品名は「胡麻マヨ蒸し鶏のこんにゃく麺サラダ」です。

1パック完食しても83kcalということで、ダイエット中でも安心して食べられますね。

量が少なめに感じますが…

歯ごたえのある野菜やネバネバ野菜がたくさん入っているので、色んな味と食感が楽しめてすごく満足感があります。

パックをあけた時は「少ない…」と思ったのに、食べ終わると全然物足りない感じはしませんでした。

味は蒸し鶏サラダそのままの味ですが、オクラのおかげで全体がトロッとしてすごく美味しいです。

あまりに気に入って何度もリピート買いしたくらい、こんにゃく麺とか抜きにして考えても「食べて良かった!」と思える商品でしたよ。

糸こんにゃくダイエットで痩せたかどうか結果発表

ものすごくカロリーが低くて満足度が高い糸こんにゃくダイエットなので、こんなので本当に痩せられるのかな?と不安に思いつつ、頑張って続けました。

糸こんにゃくレシピを昼食に食べ続けて1週間。

そろそろ痩せただろうと、体重を測ってみると…

全然減っていないのです。

あれ?おかしいなぁ??

毎日かかさず糸こんにゃくでお昼を作って食べていたのに、痩せないなんておかしいですよね…。

仕方ないので追加でもう1週間継続すると急に体重が減るようになりました。

糸こんにゃくダイエットで2kg減量できた

最終的に3週間で2kgの減量に成功したのですが、その頃にはさすがに糸こんにゃくに飽きてうんざりしてしまっていました。

最後の方は糸こんにゃくを見るのも嫌なくらい、なんだかキライになってしまったので、それ以降は一切食べていません。

最初はあんなに「美味しい!」と感じたのに…。

やはり何でも食べ過ぎは良くないですね。食事は色々なものをバランス良く味わうのが一番良いと思います。

ただ、「短期間だけ実践して痩せよう」という人は糸こんにゃくダイエットを2~3週間だけやってみるのがオススメです。

糸こんにゃくダイエットの注意点

糸こんにゃくダイエットといえば心配なのが腸閉塞です。

こんにゃくは消化が悪いだけに、食べ過ぎると腸に詰まって腸閉塞になる可能性があり、最悪の場合は破裂してしまうのです。

なので糸こんにゃくの食べ過ぎは絶対にダメですし、もともと便秘症の人や、過去に腸閉塞を発症したことがある人、また手術の後遺症で癒着などがある人は絶対に糸こんにゃくダイエットをしないで下さい。

腸の動きが弱っている時にも糸こんにゃくダイエットが詰まりやすいので、体調が悪い時や病中病後も避けた方が良いです。

まずは少量から糸こんにゃくを食べてみて、何も問題が無かったら本格的な糸こんにゃくダイエットを開始してみてくださいね。

月5日の「ゆる断食」を実践してダイエット効果を確かめてみた|オートファジーで細胞の再生力をアップする方法とは? ダイエットだけでなく解毒の効果も高いという『ゆる断食』ですが、私はずっと気になっていたものの「断食なんて自分には続かないだろう…」と...