ドコモ

『ドコモ光』5年使った感想を口コミ|気になる速度や料金を比較してみた

f:id:muhuhu:20160921214028j:plain私は約5年前、自宅のインターネットを某ポケットWi-Fiからドコモ光に乗り換えました。

乗り換えるまでは、

『ドコモ光』の光回線の速度ってどうなんだろう…?

と、不安に思っていました。

ドコモ光の口コミを調べると「速度が遅い」という怒りの声を目にすることもあり、使いにくいのは嫌だなぁと感じていたのです。

ただ、携帯でドコモを使っていたため、家のネット回線もドコモ光にすれば料金が安くなることや、その時使っていたポケットWi-Fiへの不満が爆発しそうで、「とりあえず」の気持ちでドコモ光に乗り換え。

結果、速度には何の問題もなく、家中のネットが使い放題で大満足でした。

それにドコモの携帯スマホ料金までセット割で安くなったので、本当に乗り換えて良かったです。

こちらの記事では、家のネット回線を『ドコモ光』に変更してからの、実際の速度や使った感想、また、通信料金のことなどを、ポケットWi-Fiと比較しながら口コミにしてまとめてみました。

『ドコモ光に変えたのに通信速度が遅くなる場合の対処法』も紹介していますから、ぜひ読んでみて下さいね。



『ドコモ光』5年使い続ける理由を口コミ

以前は、『某会社のポケットWi-Fi』を使っていた私…。

それがなぜ「ドコモ光」へ乗り換えたのかといえば、ずばり、「速度制限」にお手上げだったからです。

これはきっと、ポケットWi-Fiを使った経験のある人なら、誰もが不満に思うところでしょう。

速度制限されると、本当に困りますよね!

その点、ドコモ光には通信量の上限が無いので、いくら使っても速度制限されなくてすみます。

私の家では、パソコンと同時にゲーム機(任天堂スイッチ、3DS)や、スマホ・タブレットを使うこともありますが、どれだけ繋いでも支障がないので安心して使えますよ。

通信量の上限があると、動画やゲームを思う存分楽しめなくて悲しくなりますよね。

「これ以上使うとまた通信量がオーバーしてしまう…」と思うとストレスがたまりますし、実際に速度が遅くなってしまった時には使い物にならなくてウンザリすることも何度もありました。

しかし、ドコモ光に変えてからというもの、全く何の制限もなく繋ぎ放題・使い放題ですから、ネット回線へのストレスが一気に解消されたのです。

ドコモ光の通信速度については、こちらの公式サイト↓に詳しく書かれているのでチェックしてみて下さい。

ドコモ光は速度制限が無い!

私が以前使っていた某ポケットWi-Fiは、直近3日間で1GBの通信量があった場合、速度を制限するとなっていたのですが…

ここでやっかいなのは「直近3日間」という文言。

これは、ある1日にどうしても大量のデータをやりとりしなくてはいけない事情があり、通信量が1GBを超えてしまったとすると、その次の日から3日間にわたって速度が制限されるのです。

3日ですよ3日!長過ぎませんか…!

速度が制限されると、ネット回線はほぼ、いや、まったく、使い物にならなくなります。

私の仕事はネットを介して行なうので、速度制限された時は仕事ができずに本当に困りました。

やらなくてはいけないことは溜まっているのに、パソコンをネットに繋げても遅くて重くてまったく進まず、イライラが爆発しそうになる毎日…。

今思い出しても、「よく耐えていたなぁ」と思います。

ドコモ光にしてからはネットの通信量のことは全く何も心配せずに、お仕事に打ち込めるようになりましたよ。

ドコモ光はNTTの光回線を使用した接続サービス

「ドコモ光」は、元々はNTTの光回線です。

NTTの光回線だと「フレッツ光」もあるので、フレッツの方でインターネット契約をされているお家もたくさんあると思います。

その、もともとあったNTTの光回線を、NTTの子会社である『ドコモ』が利用してインターネットサービスを新たに開始したというのが「ドコモ光」なのです。

ドコモ光とフレッツ光の違い

「フレッツ光」と「ドコモ光」は、同じNTTグループのサービスで、調べてみた限りでは特に大きな違いはありませんでした。

ただ、「ドコモ光」の方はドコモの携帯を使っている人に対して優遇制度というか、料金がお得になる割引があります。

なので、ドコモ携帯を使っていて家のネット回線をドコモ光かフレッツ光で迷っている人は、絶対にドコモ光を選んだ方が良いと思います。

ドコモユーザーが「ドコモ光」を使うメリット

  • 「光シェアパック」で携帯スマホ料金が安くなる
  • 毎月の支払い「携帯・スマホ・タブレット・家のネット回線」をまとめられる

今現在「フレッツ光」を利用している人には、解約金や工事費を無料にする「ドコモ光乗り換えキャンペーン」もあります。

フレッツ光からドコモ光へのお得な乗り換えについては、こちら↓で詳細が確認できます。

ポケットWi-Fiと『ドコモ光』を比較してみた

ここからは、ずっとポケットWi-Fiを使い続けていた私が「ドコモ光」に乗り換えて感じた双方の違いを比較して口コミしますね。

ドコモ光もWi-Fi回線ですが、ポケットWi-Fiと大きく違うのは「外で使えない」ということ。

ポケットWi-Fiはその名の通りポケットに入れて持ち歩けるので、屋外でも普通に使えます。

でも、ドコモ光は電話回線とケーブルが繋がったルーターから電波を飛ばしているので、ルーターから離れるとネットに繋がらなくなります。

ドコモ光の電波が届く範囲は結構広くて、家の中ならどこにいても快適に使えるのですが、外までは無理です。

ポケットWi-Fiには速度制限があるけどドコモ光には無い

ドコモ光とポケットWi-Fiの違い、あともう一つは、先ほども触れましたが、通信量に上限があるか、速度制限があるか、という所です。

ドコモ光には通信量の上限や速度制限がありません。一方で、ほとんどのポケットWi-Fiには通信料の上限や速度制限があるのです。

しかもポケットWi-Fiは、通信量の上限まで使ってしまうと恐ろしく通信速度が下がる「速度制限」をされてしまいます。

「うちはそんなにネットは使わないし…」と思ってポケットWi-Fiの契約をして、使ってみるとあっという間に通信量の上限に達して速度制限されて後悔した…。

という人はたくさんいますよね。私もその1人です。

速度制限された時の不便さやストレスは、その時にならないと分からないので、深く考えずに契約してしまう人ってたくさんいるような気がしますね。

ドコモ光の速度は遅い?

我が家では、私のパソコン、スマホ、子どものタブレット、ゲーム機などを同時にWi-Fiで繋げています。

今はTVゲームや携帯ゲーム機なども常時ネットに繋げるようになっているので、「もしもドコモ光じゃなかったら、すごい通信量になっているんだろうな…」と思います。

肝心のドコモ光の通信速度はどれくらいか?という点ですが、

同時に複数の機器をネットに繋げて使っていても、それで速度が遅くなるということはほとんど感じません。

ドコモ光の通信速度が遅くなる理由

ネットをチェックしていたら、「ドコモ光は通信速度が遅い」という口コミがたくさん出てきます。

もしかすると、「通信速度が遅い=ドコモ光が悪い」と、みんな勘違いしているのではないでしょうか。

ドコモ光の通信速度が遅い場合、原因はプロバイダにあります。

なので、ドコモ光に文句を言った所で、「何も打つ手が無い」という返事になるでしょう。

プロバイダとは、インターネットと回線を繋ぐ事業者のことです。

ドコモ光は回線事業者なので、いくらドコモ光が頑張ってもプロバイダからの通信が安定していなければ、速度が遅くなったり不具合が出たりするのです。

ですから、通信速度の問題はドコモ光ではなくプロバイダに言うしかありませんし、あとで後悔しないように、最初のプロバイダ選びは慎重にしなければいけません。

プロバイダによっては経営不振でサービス終了してしまう会社も出ているので、契約者数の多い会社を選ばないと、1年後2年後に面倒なことになる可能性も考えられます。

私の場合は「ぷらら」を使っていますが、5年経った今も何も問題なく安定して使えていますよ。

ドコモ光の料金と割引プラン

『ドコモ光』の月額料金はプランによっても違うと思いますが、うちの場合は4000円です。

ポケットWi-Fiの時は5000円以上払ってましたから、かなり安くなった気がします。

この他にも、携帯とのセット割引で毎月のドコモ料金(ドコモ光+スマホとタブレット)から800円が割り引かれるので、家計を預かる主婦としてはすごくお得感がありますね。

ドコモ光の料金がいくらかかるのか調べたい時は、こちらのサイトで「ドコモ光料金シュミレーション」ができますよ。


自分に合った通信サービスを選ぼう

ということで、『ドコモ光』を使ってみた感想を口コミしてみました。

私は『ドコモ光』に乗り換える時、結構悩んだりして、ネットで情報を集めながら「どうかなぁ…」と不安を抱えつつ乗り換えました。

でも、今は乗り換えて大正解だったと満足しています。

速度制限を気にせずネットが使えることと、通信料金の節約になったことが、自分的にすごく嬉しかったです。

通信サービスは会社によって様々なプラン、メリット・デメリットがあります。

自分がネットを使う上で一番優先したいことを考えて、最適なプランを選べたら良いですね。

ドコモ光の詳細はこちらのサイトで確認できますので、通信料の節約を考えている人はチェックしてみて下さいね。