ダイエット

チョコレートダイエットをやってみた|高カカオチョコの痩せる効果と食べ方を解説

「チョコレートをたくさん食べると痩せられます!」

といきなり言われても、なかなか信じる事ができませんよね。

だって、ダイエット中は間食禁止が常識ですし、ましてや糖分の多いチョコレートなんて絶対にダメじゃないの?と、誰でも感じると思います。

しかし、チョコレートがダイエットの敵と考えられていたのは昔の話。

実は今では、チョコレートがダイエットの味方で、高カカオチョコレートをたくさん食べると痩せやすい身体になることが判明しているのです。

先日の『あさイチ』では、まさに「チョコレートにダイエット効果あり」ということが解説されていて、なぜ痩せやすくなるかの理由についてもきちんと解説されていました。

そこでこちらの記事では、チョコレートでダイエットをする時のおすすめチョコや食べ方、量、タイミングについて番組を参考にしながら詳しくまとめました。

また、私が実際に続けているチョコレートダイエットの口コミも加筆していますので、ぜひ読んでみて下さいね。

チョコレートのダイエット効果とは?

普通のダイエットなら、なるべく食べない方が良いと思われがちなチョコレート。

しかしチョコレートを食べる事で痩せる効果が医学的に確認されているのです。

これまで数々のダイエットに挑戦してきた身としては、「チョコレートなんて嗜好品だし、そんなもので本当に痩せるの?」と思ってしまうわけですが、チョコレートのダイエット効果にはきちんとした理由があったので紹介しますね。

太る理由は肝臓にあった

ダイエットで痩せようと思った時によく言われるのが、代謝を上げることの大切さ。

特に、筋肉をつけて脂肪を減らす事で、効率良く痩せやすい身体作りをしようとアドバイスされることが多いです。

しかし、『あさイチ』に出演されていた肝臓専門医の栗原毅さんによると、代謝を上げて痩せるというのはひじょうに難しいのだそう。

例えば、身体の中の筋肉量を1kg増やしたとしても、増える基礎代謝はなんと13kcalだけ。

頑張って筋トレしたのにご飯一口分しか消費カロリーは増えないんです。

筋トレをして代謝を上げたはずなのに、思ったように痩せられないと感じている人は多いですが、『筋肉量を増やして代謝を上げて痩せよう』という考え自体が間違っているとも言えますね。

だとすると、やはり痩せたいなら食事を減らすしかないのかな…と思うのですが、食事制限はしなくても肝臓で中性脂肪が作られることを抑えられれば、太りにくい身体作りができるわけです。

チョコレートで痩せるのは脂肪肝を改善するから

ストレスや飲酒などで肝臓が弱ると活性酵素の攻撃に耐えられず、代謝に必要な物質を作れなくなり中性脂肪がたまって脂肪肝になってしまいます。

そうなると肥満は進みますし、健康にも悪い影響が…。

そこで、肝臓の機能を改善するために効果が大きいのが抗酸化作用の強いポリフェノールなのです。

高カカオのチョコレートはポリフェノールがものすごくたくさん含まれているので、ダイエットをしたい時に食べると痩せる効果が高い事が分かっています。

ポリフェノール量(100gあたり)

紅茶 100mg
赤ワイン 180mg
高カカオチョコレート 2540mg

ポリフェノールの量が多いと、それだけ抗酸化作用も強くて肝臓を守ってくれるため、食事の糖分や油分で中性脂肪が増えるのも防げるということです。

楠田枝里子さんもチョコレートダイエットを実践

チョコレートでダイエットといえばタレントの楠田枝里子さんです。

楠田さんは毎日高カカオのチョコレートを食べ続けていて、『チョコレートダイエット』という書籍を出版するほどなのです。その様子はテレビや雑誌でも度々取り上げられていますよね。

60代を過ぎても抜群のプロポーションを保っている楠田枝里子さんを見れば、チョコレートって本当に痩せる効果が高いのだなあと感じますね。

高カカオチョコレートでダイエットをする方法

高カカオチョコレートがダイエットに最適の食材だということは分かりましたが、いつでもどんなものでも食べて良いわけではないです。

食べるチョコレートの種類と食べる時間や量にはルールがあります。

それを守らないと逆効果になる可能性もあるので、ここから紹介する方法を参考にしてチョコレートダイエットをすすめてくださいね。

ダイエットで食べるチョコはカカオ70%以上のものを

選ぶチョコレートは、必ずカカオ70~80%のものを選びます。

カカオが多くなると苦みが強くなりますので、75%くらいが限界かも知れませんね。

最近はスーパーでも高カカオのチョコレートが数種類揃っているので、食べ比べてみて好みのチョコレートを探してみると、ダイエットが続きやすいです。

高カカオチョコレートは1日25gをこまめに食べる

チョコレートダイエットは肝臓を守って脂肪をつきにくくするのが目的ですから、高カカオチョコレートを食べるタイミングは食前になります。

また、こまめに1日数回食べる事でダイエット効果が高くなるのだそうです。

『あさイチ』で勧められていた高カカオチョコレートの食べ方は、こんな感じです。

  1. 1日25g
  2. こまめに食べる
  3. 朝、昼、夕の食前と、午前と午後の間食で1日5回食べる

ちょうどチョコレートひと掛けが5gになるので、それを食前と間食で5回に分けて食べると良いですね。

チョコレートをこまめに食べた方がダイエット効果が高い

なぜ高カカオチョコレートをこまめに食べた方が良いかというと、実はポリフェノールは代謝が早くて、体の中に残りにくいのです。

ですから1度にたくさん食べるのではなく、少量をこまめに食べる事で、いつも肝臓を守る事ができるのだそうです。

脂肪肝に効果があるのは高カカオチョコレートだけ

栗原毅さんが脂肪肝の患者さんに高カカオチョコレートを勧めて毎日25g食べ続けてもらったところ、なんと善玉コレステロールが増加。

そして、肝臓の異常を示す数値である悪玉コレステロールは減少したのです。

  1. 高カカオチョコレートを1日25g食べ続ける
  2. 善玉コレステロールが増加
  3. 悪玉コレステロールが減少
  4. 痩せやすい身体になる!

脂肪肝というのは有効な治療法がなくて専門医でも悩ませるそうですが、唯一効くと言われているのが高カカオチョコレートだそうで、実際に治療に役立っているというのは凄いですね。

健康診断などで肝臓の数値が悪くなっている人はもちろん、通常のダイエットでは痩せにくくなっていると感じている人にも、高カカオチョコレートのダイエットはすごくおすすめだと思います。

ただ食べるだけで特に何もガマンしなくて良いので、今すぐにでも実践しておきたいダイエット方法の一つですよね。

チョコレートダイエットをやってみて感じたことを口コミ

このチョコレートダイエットの記事を最初に公開してから4カ月あまり、私はずっと、高カカオチョコレートを食べ続けています。

なので、ここからは自分でやってみたチョコレートダイエットの体験を口コミしてみますね。

私が食べているチョコレートですが、明治の『チョコレート効果』のカカオ72%のものを最初食べていて、思ったより食べやすかったので途中から86%にしてみました。

高カカオといっても苦みはそれほどないので、食べにくいとかはありません。

ただ、飽きる…。

毎日チョコレートを何度も食べるのって地味にツライです。チョコの滑らかさがだんだん嫌になってくるんです。

今はお薬だと思って頑張っていますが、そろそろ終わりにしたいとも思っています。

チョコレートダイエットで痩せた?

実際に4カ月以上チョコレートダイエットを続けて痩せたかどうか、ですが、今の所ほとんど変わりないように思います。

太ってもいないけど痩せてもいない。体重の変化は誤差の範囲内くらいでしょうか。

ただ、高カカオチョコレートのポリフェノールはダイエット効果以外でも健康にもかなり良いので、不摂生しがちな中高年には絶対に良い効果があるはずです。

ですから痩せる痩せないよりも健康のために、今は続けています。

やはり目に見えて痩せる為には食事を減らすことも必要になってくるのだと思いますが、健康管理のためのダイエットであれば、チョコレートダイエットでもメリットは大きいのではないかと感じました。

『メタバリアEX』の痩せる効果を2週間飲んで確かめてみた!食べるのをガマンせずにダイエット『メタバリアEX』を飲んだら2週間で痩せたので、ダイエット効果と体重変化、それに、おならが出たりお腹が緩くなった経験を口コミにしてまとめました。食べたいものを食べながらダイエットしたい人はぜひ参考にして下さいね。...
こちらの記事も読まれています