『防弾少年団(BTS)』生出演を見たよ|韓国ヒップホップアイドルグループの実力やいかに?

血、汗、涙(初回限定盤A)(DVD付)

【追記】

明日5月12日(金)の「めざましテレビ」に防弾少年団が生出演するそうです。新曲「血、汗、涙」を生披露なので、ファンの方はぜひどうぞ。

…追記ここまで…

 

今朝の「スッキリ」で、韓国ヒップホップアイドルグループの『防弾少年団』が生出演してパフォーマンスをしていました。

『防弾少年団』は少し前から複数の情報番組で取り上げられていたので、韓流に疎い私でもさすがに知っていました。なんでも、世界的に大人気になりつつあるのだそうです。

防弾少年団は、2013年に韓国でデビューした7人組のヒップポップグループ。

去年リリースしたアルバム「WINGS」は、米ビルボードチャートで26位を獲得し、韓国アーティスト史上最高順位に。

さらに、最新アルバム「YOU NEVER WALK ALONE」は97の国と地域で音楽配信チャート1位となるなど、世界的な活躍を見せている。

防弾少年団、日本の生放送で初・生歌披露 加藤浩次も絶賛 - ライブドアニュース

今朝なんとなく見ていた「スッキリ」に『防弾少年団』が出てきた時には、思わず握っていたクイックルワイパーをテーブルに置いて(掃除中だったのです)、テレビに見入ってしまいました。

スポンサーリンク
 

グループ名がちょっと不思議…

「防弾少年団」って、ちょっとすごいグループ名だなと思ったのですが、「10~20代の若者に向けて、偏見や差別という名の『弾』を自らの価値観で防ごう」みたいな意味のメッセージがあるのだそうです。コンセプト的には尾崎豊と一緒ですね。

ちなみに英語圏ではグループ名を「Bang Tan boyS」としていて、略してBTSと呼ばれているそうな。

照れながら日本語でトーク

【早期購入特典あり】THE BEST OF 防弾少年団-KOREA EDITION- 豪華初回限定盤(CD+DVD+豪華特別パッケージ仕様)(オリジナルB2ポスター(-KOREA EDITION-Ver.)付)

「スッキリ」に生出演した『防弾少年団』は最初に加藤さんや春菜さんとトークをしていました。

一応通訳の女性もいたのですが、全員片言の日本語はお話できるようで、一生懸命おしゃべりしていましたよ。

メンバーはまだ若いということもあってか、なんだか独特の雰囲気があってみんな個性的です。

特に、ボーカルのV(ブイ)さんの自己紹介は、

「火曜日は母の日、でも今日は水曜日、Vです」

という、ちょっと意味不明な感じ。火曜日は母の日じゃないような気が…

加藤さんからは「不思議ちゃんなのかな〜?」とつっこまれてました。

ボーカルJIN(ジン)さんは最年長だそうですが、

「こんにちは、僕は防弾少年団の顔、JINです」

と言いながら投げキッスをしていました。

韓国人アーティストってなんかこういうセクシーさ?がありますけど、そういう文化なのでしょうか。

もし日本人がしてたら「勘違い野郎!」とか「ナルシストが!」とか言われて、ネットで「きもっ」とか書かれてディスられそうです。

『防弾少年団』はそれぞれ個性的だったので、加藤さんは「みんな独特だね」と、ちょっと困り顔でした。

パフォーマンスはさすが!

トークの後はいよいよ生パフォーマンスです。新曲の「血、汗、涙」では日本語の歌詞で歌っているということで、その辺も注目でした。

そして何より『防弾少年団』はダンスがキレッキレで格好良くて全米をうならせているという評判ですから、ぜひそのダンスも堪能したいところ。

ワクワクしながらパフォーマンスを見ました。

血、汗、涙(初回限定盤B)(DVD付)

血、汗、涙(初回限定盤A)(DVD付)

歌はたぶん口パクでしたが、息の合ったダンスは「さすが!」です。

私はヒップホップとかダンスとか全然分かりませんが、「とにかくカッコイイ」というのは分かりました。

トークの時のゆるさと全然違います。みんな別人のようにキレッキレです。

スポンサーリンク
 

日本人グループでダンス踊ってる人達って、ちょっとやんちゃな人が多いじゃないですか。なんというか、近寄ったらからまれそうなイメージ。めっちゃ上下関係厳しそうな…(あくまでイメージですよイメージ)

でも、韓国人のグループや俳優さんとかってなぜか上品に見えるんですよね。なんでだろう。ファンにも優しそうだし、一生懸命頑張ってるように感じてしまう。

これは、外国人が「日本人は親切、優しい」って思い込んでいるのと同じことなのかも知れないですね。

韓国の芸能界はデビューまでの下積みが長くて厳しいと聞きますが、だからこそ、実力派のアーティストが多いのでしょうね。

『防弾少年団』も、約3年間下積みの練習期間があったそうです。

日本は素人みたいな人が芸能界にすごく多いですよね。それで、やっと実力がついた頃には飽きられて忘れられてしまう。

もっと日本も、デビュー前に下積みさせたら良いのではないかと、『防弾少年団』を見ていてふと感じました。

スポンサーリンク