運動会やクラブ活動の事故…学校の責任はどこまで?

f:id:muhuhu:20171012175243j:plain

大阪府八尾市にある中学校の今年の体育大会で、組体操のピラミッドが崩れ5人の生徒が骨折した事故をきっかけにして、運動会や体育大会での種目の危険性が大きな話題となっていますね。

この八尾市の中学校の事故については、まさにピラミッドが崩れる一部始終を撮影した動画がテレビやネットで公開されたことで世間に衝撃を与えました。

動画を見るかぎり、この10段ピラミッド自体がかなり危険であると判断できますが、周囲に複数名の教師が補助係として立っていたにもかかわらず、ピラミッドが崩れ始めてから大勢の生徒が折り重なって倒れる状態になるまで、ほとんど何も手出しせず見守っていただけでした。

事故の起きた中学校では過去10年間で少なくとも20人が組体操で骨折をしていますが、それでも難易度の高い10段ピラミッドにあえて挑戦する必要はあったのでしょうか。

スポンサーリンク
 

運動会の事故はなぜ起きた? 

校長は記者会見で今年度もピラミッドを実施したことについて、子供たちの中に「ピラミッドに挑戦したい」という気持ちがあり、それに応えたいという教師の強い気持ちもあったと語っています。

校長の言う、「ピラミッドをしたい」という生徒の気持ちは、いったいどういった方法で確かめたのでしょうか。

アンケートや多数決で意思を確認したのか、はたまた生徒たちが教師に直談判したのか。もしそうでないとしたら、なにゆえに「子供たちの希望があった」と語れるのか。

任意か強制か 

これだけ事故が相次いでいる学校なのですから、組体操の演目を決定する前に生徒や保護者にそれぞれアンケートをとり、あらゆる意見に耳を傾けた上で慎重に判断しなければいけなかったと思います。

運動会の演目は強制ではありませんから、もちろん「やりたくない」と思う生徒がいれば拒否することはできます。でも、実際に小学校や中学校という狭い社会の中に放り込まれている子供が、教師に対して「僕はケガをしたくないからやりません」と主張して立ち向かえるでしょうか。

そういったことも含めて、実際に競技をおこなう子供たちの立場に立ち、安全性を最優先にしてあげなくてはいけないと思います。

『成長』に対する思い込み

「苦しみながら何かをやり遂げることで子供は一回り成長する」という思い込みは、大人の幻想でしかありません。

何も無いところから光を見出すことができるのが、子供の素晴らしさであり可能性なのです。大人の勝手な思い込みで無理をさせたり、必要の無いリスクをわざわざ背負わせたりしなくても、子供はちゃんと自分で自分を成長させることができます。放っておいてあげてください。 

運動会や体育大会の事故では、組体操もさることながら、「ムカデ競走」で骨折やケガをする人も相次いでいるそうです。NHKのニュースによると、1年間で480人以上が骨折しているのだとか。

確かに、大人数で足を繋ぎ合って走るだけでも危ないし、しかも「競争」ですから、徐々にヒートアップして速く走ろうとすれば転ぶ人も絶対にいるでしょうし、1人が転べば全員が転んでしまうのが、ある意味ムカデ競走の醍醐味でもあるわけです。そりゃあ、骨の1本や2本折れても不思議ではありません。

危ないと分かっているのになんでやるんでしょうか?ちょっと理解できません。

 我が子も組み体操を…

わたしの子供も、今年の運動会では組体操に挑戦していました。うちの子供が通う小学校では安全面の配慮にかなり力を入れているので、すべての演目が無理のない範囲のもので構成されていました。

ピラミッドは4段くらいでしたが、それでも10人以上の先生がしっかり支えて「絶対に事故はおこさせない」という気合いを感じました。 

4段だから、10段だから、なんて、高さにこだわる必要は無いし、何事もひとつのことに比重を置きすぎないことが大切なのだと思います。

スポンサーリンク
 

 学校の責任はどこまで追求される?

こうした学校内の事故について注目が集まる中で、8年前の5月にクラブ活動中に熱中症になり、その後重度の障害を患うことになった女性についての裁判のニュースが目に留まりました。

 女性は兵庫県内の高校でテニス部に所属していましたが、2年生の時に熱中症で倒れ、心筋症になりました。命は取り留めたものの、今でも障害が残って車いす生活を送っています。

女性が熱中症で倒れた時は、テニス部の顧問が出張中で生徒のみで練習がおこなわれていました。女性の両親らは、女性が熱中症で倒れたのは学校側の安全面の配慮に問題があったからだとして、兵庫県に約4億円の損害賠償訴訟をおこしています。

 この裁判、一審では両親の訴えが棄却されたものの、高裁では訴えが認められ、兵庫県に約2億3700万円の支払いを命じる判決が言い渡されました。兵庫県は判決を不服として控訴しています。

自己責任とは言わないけれど 

元気で活発だった少女がある日をさかいに寝たきりの状態になってしまい、意識混濁が続いているわけですから、両親の悲しみは計り知れません。本当にお気の毒な事故だとは思います。

しかし、今でこそ熱中症は季節を問わずいつでも起こりうるということが分かっていますが、8年前には周知されていなかった可能性もあるのではないでしょうか。

5月という季節だったこと、「暑い」「寒い」は自分で判断できるであろう高校2年生という年齢だったことを考えれば、クラブ活動中に顧問や教師がつきっきりで対応するべきであったとは思えません。

もちろん、運動中の水分補給や適度な休憩をとるなどの指導は必要だと思います。でも、顧問がそうした指導を行なっていたとして、この事故は防ぐことができたのでしょうか。

もしも、熱中症で倒れたのが小学生なら、教師の責任は問われて当然です。でも、高校のクラブ活動ですから、ある程度は「自己責任」であるとも考えられるのです。

2億円以上の賠償金

運動会での事故については学校側に責任があると思いますが、このクラブ活動での熱中症事故について、兵庫県側が2億円以上の賠償をするというのはどうにも腑に落ちないのです。

賠償金は税金で払われることを考えると、どうにもやりきれない気持ちにもなってしまいます。

スポンサーリンク