Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

『スープダイエット』2週間で5kg減量!驚きのダイエット効果とおすすめ野菜スープレシピ

毒出しでやせる!  スープダイエットレシピ (食で元気!)

スープダイエット」は、毎日の食事にスープを食べるだけで痩せられるという、驚きのダイエット法です。

お米やパンなどの炭水化物、糖質は制限することなく、しかも、短期間でダイエット効果が得られます。うまくいけば、2週間で5kg痩せることも難しくないそうです。

日テレの「究極の◯×クイズSHOW!!」という番組では、ぽっちゃりアイドルの堀川杏美さんが「スープダイエット」を実践して、見事2週間で5.8kgの減量に成功していました。

食べたい物をガマンすることなく、美味しく3食を食べながら痩せられるダイエット法は今すぐに試してみたい!

ということで、今回は「スープダイエット」をまとめてみました。

スープダイエットの始め方

スポンサーリンク
 

スープダイエットのルールは、朝昼夕の3食に必ずスープを食べること。

ただ、スープダイエットだからといって、「スープしか食べない」というわけではありません。

スープに合わせてパンやご飯の主食を食べてもOKですし、朝食や昼食には、スープをリゾットやスープパスタにしても良いのです。

無理にカロリーを制限しないので、あのダイエット特有の空腹感を味わうことなく、楽しく美味しくダイエットが出来そうですね。

スープダイエットはなぜ痩せる?

「毎食スープを食べ続けるだけのダイエットって、なんで痩せるの?」

と、不思議に思いますよね。

スープダイエットが効果的に痩せられる理由は、野菜と水分がたくさん摂れること、汁物を3度の食事に取り入れることで代謝がアップすることにあります。

ダイエットを効果的に進める上で重要なのは「便秘をしないこと」です。

でも、食事制限ダイエットをすると腸の働きが弱まるので、ダイエット中に便秘になってしまった経験のある人は多いと思います。

女性の快便の鍵は繊維質の豊富な野菜を水分と一緒に食べることなのですが、生野菜をたくさんたべるのは大変。

ということで、スープにして煮込むことが快便に繋がっているわけです。

もうひとつ、代謝アップもダイエット中にはすごく大切です。

代謝が上がると脂肪が燃焼されやすくなりますし、免疫力もアップするので健康的に痩せられます。

寒い冬でも、汁物を食べれば汗ばんだりしますよね。

スープには、身体を内側から温める効果があり、代謝や免疫力をアップしてくれるから痩せやすくなるのです。

スープダイエットにおすすめのレシピ

スープダイエットで食べるスープは、出来るだけ野菜中心のスープがおすすめです。

ただ、毎食食べ続けるので、同じ具材ばかりでは飽きてしまいますよね。

「究極の◯×クイズSHOW!!」でスープダイエットに挑戦した堀川さんは、肉や魚もがっつり取り入れながら、色々なスープを作っていました。

また、スープの中に玄米やパスタをいれたものもすごく美味しそうでしたよ。

堀川さんが作ったスープで私が一番気になったのは、電子レンジで作るささみとレタスの柚子胡椒スープです。

すごく簡単で即効でできるので、ぜひ試してみたいなぁと思いました。

「ささみとレタスの柚子胡椒スープ」レシピ

【材料】

  • ささみ
  • レタス
  • にんじん
  • 貝割れ
  • 鶏ガラスープ(水で溶いておく)
  • 柚子胡椒

【作り方】

  1. レタスとささみは一口大、人参は千切りにする
  2. 貝割れ以外の材料を耐熱ボウルに入れて電子レンジで3分間加熱
  3. 器に盛りつけて貝割れをちらせば出来上がり!

ミートボールやロールキャベツも!

堀川さんの2週間スープダイエットでは、スープといってもミートボールやロールキャベツなどのカロリーが高そうな物も結構ありました。

これだったら普通の食事よりカロリー高くなって太っちゃうのでは…

と、少し心配になったのですが、実際に堀川さんが痩せていたのを見ると、やっぱり野菜と水分をたっぷり摂れていたことがダイエットに繋がったのでしょうね。

ただ、大きめのミートボールがごろごろ入ったスープが292kcalと表示されていて、それはちょっと「本当かな?」と疑問に思いましたが…

スポンサーリンク
 

主食は少なめが良いかも

同じスープでもこってり系の具材を使うと、知らず知らずにご飯が進んでしまいますよね。

ただ、いくらスープ食べたら痩せやすいとはいえ、好きなだけ主食を食べると普通に太ります。

なので、スープがボリューミーな日は、主食を控えめにしてバランスを取った方が良いと思います。

もともとお米大好きで、おかずは少しでも大丈夫っていう私のような人は、主食の方を食べ過ぎないように気を付けましょうね。

スープ作りのお助けアイテム

スープを作る時、味付けを1からやってると時間がかかって大変です。

ですからスープダイエットをする時には、手軽にスープを作れる調味グッズを揃えておきましょう。

中華味、洋風、和風、トマト煮などがあれば、冷蔵庫の残り物で今すぐスープが作れますよ。

スープダイエットは2週間続けよう

さまざまなメディアでスープダイエットが紹介されていますが、ひと通り見てみると、大体2週間が痩せる期間の目安になるようです。

まず最初の4,5日で便秘を改善したうえで、2週間かけて代謝をアップして体重を減らすといった感じですね。

ちょうど中間地点の1週間を過ぎたくらいで停滞期がくるみたいですが、堀川さんもそれを乗り越えて、さらに体重を減らしていました。

2週間だったらそこまで負担も無いですし、夏の休暇を利用して挑戦してみるのも良いかも知れないですね。

スポンサーリンク