危険な『塩水洗浄(しおみずせんじょう)ダイエット』がなぜ流行?「All About」は問題の記事を削除

f:id:muhuhu:20170208093403j:plain

去年の夏くらいからSNSを中心に話題になっていた「塩水洗浄ダイエット」が、最近になって問題視されています。

「1リットルの水に10gの塩を入れて20分以内に飲みきる」という、まるで罰ゲームのようなダイエット方法にも驚きなのですが、そもそもこのダイエット法には医学的根拠は全く無く効果が無いにも関わらず、SNSでは「効果があった!」「痩せた!」と絶賛する人が続出したことにも驚いてしまいます。

『モーニングショー』や『とくダネ!』などでも、この塩水洗浄ダイエットについて特集していました。

スポンサーリンク
 

塩水がデトックスになる?

塩水洗浄ダイエットの基本的なやり方は、前日の夕飯を抜いて、朝起きてから塩水を1リットル飲むというものです。

塩は1リットルに対して10g入れなくてはいけませんが、成人の食塩摂取量の目安とされているのが1日10gですから、このダイエットでは朝の20分間で1日分の塩分を一気に摂取することになります。

ちなみに、生活習慣病を予防するためには10gでも多いといわれていて、できれば1日7g程度に抑えることを勧めるお医者様もいるそうです。

なぜこの塩水洗浄ダイエットが効果があると言われているかというと、塩水には殺菌洗浄の効果があるため、それを空腹時の胃が空の状態で流し込めば、お腹の中がすっきりしてデトックスになるだろうという理屈なのです。

しかし、NHKのニュースサイトで見解を聞かれた医師は、「どう見ても危険だ」と語っています。

大量の塩水を胃が空の状態で流し込むと、食道や胃の粘膜に傷がついて出血したり、その出血を吐き出すことでショック状態に陥ることも考えられるそう。

また、体調によっては心不全や呼吸不全を引き起こす可能性もあり、デトックスで腸を元気にするどころか逆に身体の免疫機能まで弱めてしまうことになるようです。

なぜ絶賛する人がいるのか?

医療の専門家からは「ダイエット効果が無い」と言われている塩水洗浄ダイエットが、なぜここまで流行したのかというと、実際に塩水洗浄ダイエットを行なった人が「効果があった!」「痩せた!」とSNSで絶賛していたからなのです。

Twitterやインスタグラム、YouTubeなどで『塩水洗浄ダイエット』を紹介して、「自分も痩せた」と投稿している人は確かにたくさんいます。

中には、「効果が無かった」「具合が悪くなった」と告白している人もいるのですが、絶賛コメントの陰に隠れてしまって、このダイエットの危険性を伝えられていない面もあると思います。

こうした絶賛コメントについて『とくダネ』では、

「塩分濃度の高い水を大量に飲めばお腹をくだして当然だし、体調が悪くなることで痩せてしまったのを、ダイエット効果だと勘違いしている人が多いのではないか」

と、まとめていました。

また『モーニングショー』の方では、ネット上の美容ダイエット情報は記事を委託された在宅ライターが書いていることも多く、医療的な根拠がないものも多いので、情報を受け取る側でも「すべてに信頼性があるわけでは無い」と理解して注意することが必要だと言っていました。

スポンサーリンク
 

大手サイトで紹介され情報が拡散

塩水洗浄ダイエットが流行するきっかけになったのは、大手サイトがこのダイエット法を紹介し、その中で専門家の意見として「ダイエット効果がひじょうに高い」と書かれていたからだと言われています。

実際に、健康・ダイエット情報で人気を集めている「All About」で昨年の5月に塩水洗浄ダイエットを紹介した記事のタイトルは『驚愕!3日間で2kg痩せるレモネードダイエットとは? 』です。

『レモネードダイエット』とは塩水洗浄ダイエットの最初の頃の呼び方で、アメリカの人気歌手ビヨンセさんが実践していた『レモネードダイエット』から発展させたダイエット法だといわれています。

「All About」のダイエット記事『驚愕!3日間で2kg痩せるレモネードダイエットとは? 』でおすすめされているダイエット法では、「朝1リットルの塩水を一気に飲み干したあと、2時間おきにレモネードを飲み続ける」と書かれています。

1回に飲むレモネードの量はなんと300ccで、それを1日に6~12杯飲むのを3日間続けなくてはいけません。

いくらなんでも飲む量が多すぎる気がするのですが、ここまでやって具合が悪くならないなら、その方が不思議であるようにも感じますよね

現在、この「All About」の記事は削除されていますが、この記事を書いたダイエット専門家の女性はNHKの取材に対し、「自分もずっと塩水洗浄をやっていて、自分の顧客にもやらせているが健康被害は無かった」と語っています。

ただ、医師や専門家の確認はまったく行なっておらず、「ダイエット方法だから医師の監修は必要ないと思った」そうです。

「All About」の運営側もこの塩水洗浄ダイエットの問題点について、「ダイエット方法として捉えていたので、医師の監修の必要性は感じていなかった。」と答えています。

ダイエットなら何を書いても許されるというのが業界の常識なのでしょうか?

一歩間違えれば生死に関わるような情報を取り扱いながら、運営側がそうした認識であることにすごく驚きました。

無理に痩せてもリバウンドするだけ

塩水洗浄ダイエットを実際にやってみた人の中には、吐き気や嘔吐で身動きができなくなり、翌日まで体調が回復しなかったという人もいます。

まだ表面化していないだけで、このダイエットで健康被害を受けている人も少なくないのではないかという気がしないでもありません。

無茶なことをすれば身体は拒絶反応を起こすので、結果的に痩せたように感じるかも知れません。でも、それは「ダイエット」というより自分で自分の身体に攻撃を与えているだけなのです。

本当の意味でキレイに痩せたいなら、そんな無理なことはせず、長いスパンで健康的に痩せる方法を考えた方が良いと思います。

私もダイエットに関しては一進一退を繰り返していますが、それでも常に「健康的に痩せよう」と意識しているだけで、一方的に太り続けることを防ぐことができています。

本来、ダイエットは健康のためにやるものだと思うので、少しでも身体に悪いと感じる方法には手を出さないで欲しいですね。

スポンサーリンク