リンパ節がめちゃくちゃ腫れたけど放っておいたら治った

f:id:muhuhu:20180129174808j:plain

先週くらいから左耳の後ろのリンパ節が腫れていました。

しこりは豆粒くらいの大きさで、触ると「なんか痛いな」と感じるくらい。

ですが、数時間後には指の先くらいの大きさになり、痛みも強くなり、時間が経つほどに激痛に。

なんだこれ、どうしよう怖い…

と思いつつ、病院に行かずに放っておきました。

スポンサーリンク
 

リンパ節がどんどん腫れる

2日後、しこりになったリンパ節はピンポン球くらいの大きさに成長しました。

首を動かすと痛みが走り、シャンプーの時に手が当たると痛いのです。

どんどん成長するリンパ節は、最初はさわらないと分からなかったのに、もはやパッと見で分かるようになっていました。

私の左耳の後ろにピンポン球のようなしこりがあることに気付いた子ども達は「これはあかん!病院行きなよ!」と言いました。

悪性リンパ腫かも知れない?

さすがに自分でも怖くなったのでネットで調べてみると、リンパ節が腫れる病気には「悪性リンパ腫」という恐ろしい病気があることが分かったのです。

やばいよやばいよ。

焦りながら、ちょっとでも小さくなる事を祈ってリンパ節に触れますが、その膨らみは以前より輪郭がはっきりとしてきており、堅くしっかりした感触に成長していました。

やばいよやばいよ。

しかし、調べ続けると、悪性リンパ腫はそんなに数日でどんどん成長する事はないということが分かりました。

とはいえ油断は禁物。

もしも来週までに治らなかったら病院へ行こう。

そう思いながら、ネットで見つけた「リンパの流れを良くするマッサージ」を繰り返し行ないました。

ただ、痛みがあるので、ソフトに、優しく優しく、リンパの流れに添って撫で続けたのです。

スポンサーリンク
 

首や頭にもしこりが

耳の後ろのしこりに連動して首にも痛みが走っていることには気付いていました。

勇気を出して辿っていくと、案の定、鎖骨の所にも小さなしこりがあります。

耳の後ろから鎖骨周辺はリンパ節が繋がっているので、同じように腫れてしこりができるのも不思議ではありません。

しかし、不可解だったのは頭の中にもしこりができたことです。

頭頂部の左側にこぶのようなしこりがあり、すごく痛い。けれど、場所が場所なので、鏡で見る事もできないので、それが何なのかよく分かりません。

触った感じは小さなこぶですが、ぶつけた覚えもないし、痛み方が全然違う。

ということで、たぶん頭にもしこりができたと思うのですが、それがリンパ節なのか何なのかよく分かりません。

ただただ痛くて、ブラシの先があたると涙が出るくらいの激痛でした。

耳の後ろ、鎖骨、頭頂部と、三カ所にしこりができてしまった私は、痛み止めを飲んで我慢していました。

病院に行けば早いのですが、先週はとにかく色々なことがあり、落ち着いて病院に行く時間がなかったのです。

来週になったら病院…血液検査、しこりを採取して精密検査、超音波検査…

不安を抱えつつ考えていたら、耳の後ろにもうひとつ小さなしこりができました。

またリンパ節が腫れてる…

そう思いながら、痛みに耐える一週間でした。

急激に全部治った

もう完全に意気消沈して病人モードに入っていた私ですが、週が明けてみると全部きれいに治っていました。

しこりが無くなってしまったのです。

あんなに痛かった頭のこぶというかしこりは跡形もなく、鎖骨にも何もありません。

耳の後ろにはうっすらリンパ節が腫れた後のような膨らみがあるのですが、これで病院に行っても「は?どこに?」と聞かれそうなレベルです。

ということで、病院に行かないうちに完治してしまったので、本当にただのリンパ節の腫れだったのでしょうね。

リンパ節はウイルスや細菌が身体に入ると防御するために腫れるそうです。

この時期、風邪やインフルエンザがあちこちで流行していたので、たぶんどこかで感染していたのでしょうね。

大事にならずに済んで良かったですが、これで、

リンパ節の腫れは1週間くらいで治る。もし1週間で治らなかったら絶対に病院に行くべき!

ということが分かりました。

スポンサーリンク