Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

【クラッシー】PTAの代行サービス|6万円払ってPTA役員に参加してもらうのはアリ?

f:id:muhuhu:20170916160745p:plain

PTAといえば「親の負担が大きすぎる」「仕事を休んでまで参加できない」と、活動の是非が議論されることも多くなってきましたよね。

PTAに参加しないといけないのは分かっているけれど、どうしても都合がつかない。

そんな人に注目されているのが『PTA代行業』というサービスです。

私は昨日の新聞でPTA代行のサービスを知ったのですが、

自分の代わりにPTAに参加してくれたらすごく助かるけど、でも、やっぱり問題が起きそうな予感がするなぁ…

なんて思ってしまったのです。

スポンサーリンク
 

PTA代行業とは?

PTA代行サービスは、「クラッシーコンシェルジュ」という生活総合支援を提供している会社が打ち出しているサービスです。

「クラッシー」はPTA代行だけでなく、学校で使う防災頭巾の手縫いや、幼稚園の先生へのお礼状の代筆、旅行中のお花の水やりなど、生活の中でのありとあらゆる困りごとを解決してくれます。

www.classy-concierge.com

クラッシーの利用料は1時間あたり4860円(交通費別)で、PTA代行で会合出席10時間と報告書の作成を依頼した女性は、約6万3千円を支払ったそうです。

参加した会合は2回だったそうで、2日のために6万3千円って、すごく高額に感じるのは私だけでしょうか…

2日間だけなら、他の役員さんに事情を説明して欠席にしてもらえなかったのかな?

PTA役員も学校によってやり方が違いますし、この女性の学校はルールが厳しいのかも知れないですよね。

手助けが必要な時に便利

核家庭も多い中、「ちょっと助けて欲しい」と思った時に手を差し伸べてくれる「クラッシー」のようなサービスがあると、確かにすごく助かります。

PTA役員も「任意加入」とは言いながら、ほとんど強制的に参加させられますから、仕事や介護でどうしても参加できない人だと、代行業を頼みたくなる気持ちはものすごく理解できるのです。

ただ、ちょっと心配なのは、別の役員さんがどう思うのかな…という点ですね。

学校側や他の保護者に了承してもらえるか

私もPTA役員を経験していますが、役員としての仕事はそんなに難しいものではないので、誰にでもできると思います。

ですから代行業の方が役員の代わりに参加しても、それについては問題ないでしょう。

でも、PTA役員というのは、保護者同士の親睦を深めたり、保護者と学校の距離を縮めて地域全体で子供を見守っていこうという趣旨もありますよね。

そのPTA活動にどこの誰だか分からない第三者が参加すると、他の役員さんも戸惑うでしょうし、学校としても、保護者でない無関係な人が学校に出入りすると困るのではないでしょうか。

学校に子供を通わせている親の立場で考えると、やはり、保護者でない無関係の人が学校に出入りすることには不安を感じます。

学校に許可を取っている?

私の子供達が通っている学校だと、入学時に保護者用の名札が配られ、学校に入る時には名札の着用が義務づけられています。

また、行事の時には必ず受付で挨拶をして名簿に名前を記入するので、関係者以外が学校に立ち入ることは出来ないようになっているのです。

クラッシーのPTA代行で派遣された人は、あらかじめ学校に許可をとっているのでしょうか?

その日になっていきなり保護者じゃない人がPTAに参加するのって、知らない人は驚くと思いますし、常識的に考えてちょっと難しいのではないのかと、私は感じました。

スポンサーリンク
 

PTAに出られない人はどうすればいいのか

PTA代行は、頼む側の人にとっては有難いサービスですが、他の役員さんにとっては困る部分もたくさんあると思います。

どうしても来られない人なら仕方が無いのですが、お金を払えば代行してもらえるということで、軽い気持ちで利用する人が多くなると学校運営に支障が出ることも考えられます。

では、PTAに出られない人は、代行を頼む以外にどうすればいいのでしょうか。

私は自分が経験してみて、仕事の分担や効率化を進めることが必要なのではないかと感じました。

PTA活動は学校に出入りの出来る平日の昼間に行なわれることが多いですが、作業によっては、自宅に持ち帰れる仕事もたくさんあります。

また、何も大勢集まらなくても、個々に分担して各自で進められる仕事も意外に多いです。

  1. 「役員みんなで集まって作業する」という考え方をあらためて、それぞれが出来る作業を、出来る時間にやる。
  2. 話し合いは、LINEやチャットワークを利用して、集まらなくても行なえる環境を作る。

こういうことを徹底していけば、今のように「行けない、参加できない」というPTAの不満は解決できるのではないかなと思います。

PTA活動は子供のために行なうことなので、親同士で助けあいながら、気持ちよく参加できたら良いですよね。

スポンサーリンク