Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

主婦のプチ稼ぎ|誰でも出来る簡単な作業まとめ「スキマ時間で副収入!」

f:id:muhuhu:20171224124734p:plain

今の月収にもう少しプラスしたい…。家計のために、少しでも良いから稼ぎたい…。

主婦なら誰でも、こんな風に考えたことがありますよね。

今回は、短時間で簡単にできる「主婦のプチ稼ぎ」をまとめてみました。

子育てや家事に忙しい主婦が無理なく働ける短時間ワークや、外に働きに行くのが難しい時の在宅ワークなど…

おすすめのプチ稼ぎを色々と集めてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
 

最新!『おすすめの簡単プチ稼ぎ』まとめ

今すぐ簡単に始められるものから、少し時間はかかるけど報酬の大きいものまで…

自分に向いているものがあるかどうか、チェックしてみて下さいね。

ジグソーパズルを作ってプチ稼ぎ

趣味の延長で出来るプチ稼ぎで、『ジグソーパズル代行』というアルバイトがあります。

ジグソーパズル代行は、その名の通り、ジグソーパズルを買った人のかわりにパズルを完成させるお仕事です。

パズルの完成形を見て「これは素敵!」と思ったものの、自分でやってみると難しくて組み立てられない人や、頂き物のジグソーパズルが完成できなくて困っている人って結構いるんですよね。

ジグソーパズルを部屋に飾りたいけど自分では完成させられない…

という人のために、パズルを預かって完成させるお仕事で、子どもの頃からパズルが好きという人にはおすすめのプチ稼ぎになっています。

報酬は、1ピースあたり1円からが相場です。

依頼があるパズルは難易度が高いので、軽い気持ちで始めると後悔するかも知れませんのでご注意を。

求人はSNSやブログで「パズル作成代行します!」とアピールすると、依頼する人があらわれるのだとか。

実際にジグソーパズルで稼いでいる人によると、月に1~2万円の収入になるそうですよ。

イラストを描いてプチ稼ぎ

もともとイラストを描くのが好きで、それを活かしてプチ稼ぎをしているという主婦がすごく増えているそうです。

少し前にNHK『あさイチ』でも、イラストでプチ稼ぎをしている主婦が紹介されてすごく話題になっていましたね。

イラストのプチ稼ぎは「ココナラ 」というサイトに出品することでお仕事を受けることができます。

自分が描いたイラストをサイトに載せて、気に入った人から「こういう絵を描いて欲しい」「SNSで使う似顔絵を描いて欲しい」と注文が入るのです。

「ココナラ」で出品されているイラストはプロ級の腕前のものもあれば、ヘタウマで味のあるイラストもありますから、専門的な勉強をしていない人でも気軽に出品できますよ。

実は、私も何度か「ココナラ」でイラストを購入しています。

「イラストを描いて欲しい」という人はこれからも増えていくと思いますので、得意な人は出品してみて下さいね。

在宅ワークでプチ稼ぎ

f:id:muhuhu:20171224124753p:plain

アンケートやレビュー記事を書いたり、企業のキャッチコピーを考えるだけの在宅ワークは、忙しい主婦にピッタリのプチ稼ぎになります。

すきま時間に自分が「やってみたい」と思った仕事を見つけて働くだけ。

外に働きに出る必要が無いので、子育てや介護があっても安心して稼げますよ。

在宅ワークのお仕事探しは、「 ランサーズ 」というサイトを利用すれば簡単に見つけられます。

ランサーズでは数十万円稼いでいる主婦もいるそうですが、そこまで本格的にしなくても、こつこつプチ稼ぎでお小遣いを増やしていくのが良いかも知れませんね。

FXや株式運用でプチ稼ぎ

副業をしている女性のうち1割以上が実践しているというFXや株式運用は、すぐに結果の出るプチ稼ぎではありませんが、続けることで確実に資産形成ができるようになります。

投資は続けるほどに知識が増えて、稼げる金額も大きくなっていくのが魅力。

老後のためにこつこつ資産運用するなら、税制上の優遇が受けられる「個人型確定拠出年金」などの制度もおすすめですよ。

投資でプチ稼ぎをするなら、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ブログを書いてプチ稼ぎ

主婦の方でも、継続的にブログを書いている人って多いですよね。

子育てや家事・料理のことなど、自分の得意をブログに書くことで同じ主婦の方が読者になりやすくて、続ければアクセス数は増えていきます。

そのブログに広告を表示して収入を得るプチ稼ぎは、楽しみながらブログを書くだけで労力もかからなくておすすめです。

流れとしては、

  1. ブログを作る
  2. 広告を申し込む
  3. 広告を貼る
  4. 収益を得る

という感じですね。

主婦のブログには、グーグルアドセンスやAmazon、楽天の商品紹介などの広告が始めやすいです。

中でも簡単にある程度の収益が期待できるのはGoogleアドセンスです。

ただ、アメーバブログのように広告NGのブログサービスもありますから、自分が使っているブログサービスが広告が貼れるかどうか、ブログを作る前に確認してみて下さいね。

おすすめのブログサービスは「はてなブログ」になります。

Googleアドセンスは、こちらから申請できますよ。

www.google.co.jp

いつもの買い物でプチ稼ぎ

f:id:muhuhu:20171224124843p:plain

スーパーで買い物をしたあと、家計簿などにチェックを入れ終わると、レシートなんて捨ててしまいますよね。

たまると結構かさばりますし、保管しても散らかるだけなので、買い物してすぐにゴミ箱へ…っていう人も多いのではないでしょうか。

でも、この買い物でもらうレシートを持って帰って商品と一緒に写真にとると、対象商品ごとにポイントがゲットできてしまうプチ稼ぎがあるのです。

これは「レシポ!」というサイトを利用したサービスで、貯まったポイントは商品券と交換できます。

買い物はスーパーやコンビニなど、どこで買ってもOKなので、本当に普段通りの買い物をすればポイントがもらえてとってもお得です。

以前、「ミヤネ屋」で紹介されていた主婦の方は、「レシポ歴」1年で、これまでに1万円分の商品券をゲットしたそう。

お子さんは2人いるのですが、無理なく楽しく続けているようです。

私も2日に1回はスーパーへ行くので、「レシポ!」に登録してポイントを貯めてみようかなと思っています。

recipo.jp

スポンサーリンク
 

uberEATSの配達パートナーでプチ稼ぎ

『UberEATS』の配達パートナーに登録すれば、空いている時間だけ、近距離のエリアで配達の仕事をしてお金を稼ぐことができます。

配達は原付か自転車のみで、自分のものを使うことになります。

経験者の配達パートナーさんによると、1件あたりの配達料金は600円ほど頂けるそう。

長い拘束時間がなく人間関係のストレスもないので、気軽に働きやすいのが良いと思います。

すきま時間の運動と考えたら楽しく仕事ができそうです。

都心部が中心のサービスになりますが、住んでいる地域が対象エリアだったら1度くらいはチャレンジしてみたいですね。

佐川急便の宅配メイトも募集中!

飛脚便で有名な佐川急便が募集する「宅配メイト」は、配達1個につき配達料を受け取れるプチ稼ぎです。

時間のある時にたくさん配達すれば、それだけ収入がアップしますし、自分のすきま時間に合わせて稼げるのが魅力ですね。

配達方法は自転車か徒歩(台車)なので、運転免許がない人でも大丈夫です。

クロスワードパズルを作って月8万円

f:id:muhuhu:20170627174747p:plain

次は少し難易度が上がりますが、クロスワードパズルを作るプチ稼ぎです。

本屋さんに行くと、パズル雑誌ってよく見かけますよね。

実はパズル雑誌に掲載されているクロスワードパズルは、パズル作家さんが作ったものの他に、在宅の主婦の方が作ったものもあるのだそうです。

パズル作りに資格は要りませんし、必要なのは紙と鉛筆だけ。

実際にパズル作りをしている主婦の方は、パズル一つで4000円ほど収入を得ているとテレビで言っていました。

1日の作業時間は2~3時間で、パズル雑誌からの報酬は月に3万円。

そこに自作のポストカードなどの販売で得た収入をプラスすると、月収8万円くらいになるそうです。

クロスワードパズル作りは小さな子供がいても出来ますし、常にアイデアをふくらませることが楽しいと語っていました。

頭の体操にもなりそうで、なんだか羨ましいですね。

自分の作ったパズルが雑誌に掲載されて、それをたくさんの人が挑戦してると思うと、それだけで幸せな気分にもなれそうです。

スポンサーリンク
 

電話の悩み相談で月20万円

最後は誰でもできる稼ぎ方ではありませんが、頑張れば高収入も狙えるプチ稼ぎです。

それは、自宅の電話を使った「悩み相談」で、頑張れば月収20万円以上も狙えます。

この稼ぎ方は以前も記事にしましたが、難易度は上がるものの、すごくやりがいのある仕事だと思います。 

ただ、この仕事をするためには色々と研修を受けなくてはいけないので、「誰でも出来る」というわけではなさそうですね。

その他のプチ稼ぎ

上記で紹介した以外にも、プチ稼ぎにはモーニングコール代行やママチャリの配達員など、スキマ時間で出来るものが色々あります。

ただ、こうした副業の中には詐欺も増えているそうで、騙されないように注意しなければいけません。

報酬が高額すぎたり、あまりにもオイシイ話があったら、「ちょっと怪しいかも…」と警戒した方が良いのかもしれませんね。 

スポンサーリンク