Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

「塾代が高いからもったいない…」お金をかけずに学力をつける6つの方法

f:id:muhuhu:20171102143138j:plain

早い子だと、小学3.4年生頃から学習塾に通いだすそうです。

学校の授業だけでは学力がつきにくい時や、受験に向けて効率良く学習したい時には、放課後に塾に行くのが効果的ですが、

塾には大きなデメリットがあって、それは、月謝が高いこと…

毎月支払う塾代って本当に高いので、思ったように学力が上がらない時には「塾代がもったいない!」と感じちゃいますよね。

特に、うちのように家計を切り詰めて節約を心掛けているおうちだと、

「塾に行っても点数が上がらないなら、もう塾をやめさせたい…」

と、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

塾代は小学校高学年くらいからグンと上がるそうで、私の知っているお子さんで、塾だけで月に数万円かかるという話を聞いてビックリしたこともあります。

学力アップは塾に行かなくてもできる!

そもそも子供の学力を上げるためには塾が最も良い選択肢なのかといえば、そうとも言い切れないと思います。

「お金をかけずに学力を上げる方法」って意外にたくさんあるので、子供の教育費を節約したい時には、塾はとりあえず保留にして別の方法を探してみるのも良いかも知れません。

実は、私の小中学生の子供達も、塾や公文、そろばんなどには一切通ったことが無いのですが、なぜかテストの点数は今の所90~100点をキープしています。

特別なことは何もしていなくて、普段の生活の中で学力がつくように少し工夫しているだけ。

本当に些細なことの繰り返しなのですが、それでも、学力は確実に上がっていくんです。

ということで今回は、私が普段から実践している「お金をかけずに子供の学力を上げる方法」を6つ紹介しますね。

スポンサーリンク
 

1.宿題はリビング・キッチンでやらせる

お勉強は1人の部屋でやるより、リビングやキッチンなど、人の気配や多少の物音がある場所の方が捗るそうです

これはテレビ番組で言っていました。

うちの子達は二人とも寂しがりやなので、自分の部屋で勉強をせずに必ずリビングやキッチンでやっています。

子供達が宿題をリビングに持って来たら、テレビを消したり、なるべく静かにはするようにしますが、あとは普通に家事をしています。

「これが分からない」「教えて」

と、言ってきたら教えます。

でも、向こうから何か言わない限りは一切干渉しません

2.メモを取らせる

算数・数学の計算の解き方や、新しい漢字を覚える時など、問題を1回解くだけでは忘れてしまいそうなので、手元にメモ帳を置いて、気になること忘れそうなことは全てメモを取らせています

これは小学1,2年の時に私からアドバイスして始めたのですが、今では勝手に自分でメモを用意して、いっぱい書き込んでいます。

書くことで頭の整理ができますし、記憶に残りやすくなります

3.トイレに辞書や学習マンガを置いておく

普段は自分の好きな小説やマンガばかりを読んで、なかなか学習系の書籍には手が伸びません。

「もっと学力が付くような本を読んでほしいなぁ…」と考えて、思いついたのがこのルール。

  • おトイレの中で読書しても良い!
  • ただし、学習系のものだけ…

それまではトイレの中で読書するなんて絶対ダメ!と言っていたのですが、「学習系のものなら読んでも良いよ」というルールに変えました。

今は、歴史マンガや漢字辞典、参考書、国旗の本などをトイレに並べています。

今まではなかなか手が伸びなかった本も、ようやく活躍できるようになりましたよ。

スポンサーリンク
 

4.新聞やニュースを一緒に見る

f:id:muhuhu:20171102143241p:plain

私が新聞やニュースを見ていると、「何これ?」「大変なことが起きたの?」など、子供達の方から興味を持って聞いてくることがあります。

そういう時にはめんどくさがらずに、きちんと子供にも分かりやすく説明をして、「あなた達にも関係のあることだよ」と話すようにしています。

時事ネタを親子で語り合うと、現実の世界への関心が大きくなり、学習意欲も高まります

先日は親子で総選挙の投票にも行きましたが、テレビの選挙特番を見ながら、私達の一票がこの結果に繋がっているんだよと話しました。

学力アップのためには、本人の「やる気」が最も大切なので、大人の世界に興味を持たせることは重要だと感じています

5.ネット教材を利用する

週に1度、土曜日か日曜日に『スタディサプリ』というネット教材で学習をしています。

『スタディサプリ』は月謝が980円で、すごく安く利用できるのと、実際の学年以外の授業も受けられるのがすごく良いと思います

学校での授業を先取りしたい時には、上の学年の授業動画を見て問題を解いていますし、前に習った所を復習したい時は下の学年の授業動画を見直しています。

学習のノルマや課題がなく、自分のやりたい時にやりたい勉強をやりたい分だけやれるという、すごく自由度の高い学習法がうちの子達には合っているみたいです

6.考える習慣をつける

小さい子供って危なっかしいので、ついつい親が何でも口を出してしまいがちです。

でも、なんでもかんでも親が判断すると、子供は「自分で考える」という行動を放棄してしまうのです。

よく分からないこと、理解できないことは、親に任せておけば良い。

そういう潜在意識が子供の中に生まれてしまったら、本当に考えなくてはいけない学習の場面で思考が停止してしまい、答えを見つける前に投げ出してしまうことも…

私の経験から言うと、子供に考えさせる習慣をつけておくと、学力は絶対上がると思います。

まず親としての意見を言った後に、「あなたはどう思う?」「あなたはどうしたいの?」と、こちらからたずねて答えさせてみてください。

塾代って本当に高いから…

子供の教育費って、大学まで国公立にしたとしても3000万円近くの金額がかかると言われています。

それに習い事の費用をプラスすると、結構大きな出費になりますよね…

これからは幼稚園や高校の無償化が検討されるみたいですが、もしそうなったとしても、今度は税金や保険料が上がるので家計の負担は全く軽くならないのです。

家計に余裕のあるおうちは良いですが、私のように節約しながらなんとか生活している身分としては、高い塾代なんてなかなか払えないです。

子供にはしっかり学力アップして欲しいけど、お金はあまりかけられない。

そんな時には、今回ご紹介した方法を参考にしてもらって、親子ともに、無理のない学力アップ方法を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク