【売り切れ続出】無印良品の『導入液』を使ってみた口コミ…大人気とは聞いていたけど実際はどう?

無印良品 導入液(携帯用) (新)50ml

無印良品の導入液、大人気で売り切れが続出しているということですが、先日ショップに行った時に売っていたので、さっそく買ってみました。

無印のネットショップではずっと「在庫無し」になっていて、もう手に入らないかも…と思っていたので、少しだけどお店に残っててラッキーでした。

最近は雑誌やメディアで紹介されることも多くて、口コミでも評価抜群の導入液。

使って3日ほど経ったので、口コミをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
 

無印の『導入液』とは?

導入液って、いったい何を導入するの?って思いますよね…

私も最初は「導入液」っていう名前にビックリして、なにに使う化粧品なんだろうと思っていたのですが、どうやら化粧水の美容成分を浸透しやすくするものらしいです。

使い方は、洗顔と化粧水の間につけるだけ。

それまでは洗顔後すぐに化粧水をつけていたのですが、その前に導入液をつけてから、化粧水をつけるわけです。

最初は「面倒だな」って思ってしまい、化粧水の前に、なんで別のものを付けるんだろう?って不思議でしたが、使ってみると理由がよく分かるようになりました。

導入液を使うと化粧水が染み込む!

化粧水を肌につけた時、なかなか浸透しなくて時間がかかることってありますよね。

特に身体が疲れて弱っている時だと、肌もカサついて、なかなか化粧水が染み込んでいかなくなるのです。

それが、無印の導入液を塗っておくだけで、なぜか浸透しやすくなる…

本当かな?と思いながら使ってみると、確かに、いつもより早く化粧水が染み込んでいきました。

手のひらに取ってから肌の上にのせると、すぐに馴染んで水分が無くなっていく感じです。

これってすごく不思議なのですが、本来なら、先に水分を入れちゃうと、次のって入りにくく感じるんです。

それなのに、導入液を塗ることで、次の化粧水が入りやすくなるというのが、なんだか本当に謎でした。

「浸透」を実感できた

私はいつもアスタリフトホワイトの化粧水を使っているので、他の化粧水よりは浸透が早いと思うんです。

だけど、生理などで肌の調子が良くないと、全然入っていかない日があります。

たくさん塗っても肌の上がびちょびちょになるだけで、内部まで入っていかないな…とガッカリする日でも、導入液があると心強いですよね。

無印の導入液は成分にもこだわって作られているので、年齢を重ねてから敏感肌が進行してしまった私には、ちょうど合っていると思います。

透明でサラサラしているのも、無印らしくて気に入っています。

スポンサーリンク
 

口コミでも高評価で売り切れに…

先日私が行った無印良品のショップではたまたま売っていたのですが、別のショップを見た時は店頭に無くて、オンラインショップでも売り切れていたので、本当に人気が高いのだと思います。

Twitterやインスタグラムでも紹介している人が多いですし、効果を実感したと言う書き込みもよく見かけますよね。

「どうしても手に入らない!」という時にはAmazonでも販売されていますが、そちらだと定価より高くなっていることもあるので、値段はチェックするようにしてくださいね。

できれば無印の公式サイトで商品が早く補充されるのが一番良いのですが、いつになるんでしょうね…

私もこれはリピ買いしたいと思っているものの、もう一度手に入るか、ちょっと不安です。

無印は安くて良い化粧品が多い!

以前から無印の化粧品やメイク道具はよく買っていますが、安くて品質が良いので、定番になることが多いです。

この年になると色々な化粧品を試そうという気にもなりませんし、原材料にこだわっていて、肌に良くて、環境に配慮されているならそれで良いかな、という気持ちになっています。

考えてみると衣料品も無印で揃えることが多くなりましたし、自分が思っている以上に、無印に頼って生きているのかも知れませんね。

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク