メンタリストDaiGoの謎の私生活まとめ|仕事、収入、恋愛、結婚観など

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

メンタリストDaiGoさんといえば、人の心を読む心理学を得意としながら、テレビではスプーン曲げの手品を披露したり有名人相手にババ抜きの心理戦をしてみたりと、多彩な印象のあるパフォーマーです。

クイズ番組からバラエティまで、さまざまな番組に出演し、著書も多数出版されているDaiGoさん。

ですが、その人物像は意外に謎に包まれていて、いったい何が本業なのか、どんな暮らしをしているのか、よく分からない人ではありますよね。

今朝の『ビビット』では、そんなDaiGoさんの私生活や稼ぎ方について密着していて、DaiGoさんの著書の熱心な読者である私にはとても興味深い内容でした。

ということで、こちらの記事ではDaiGoさんに密着した番組内容や、これまでに明かされているプロフィールをまとめました。

私のようにDaiGoさんって何者なんだろう?って興味を持っている人は、ぜひ読んでみて下さいね。

スポンサーリンク
 

メンタリストDaiGoさんの住んでいる家

DaiGoさんは現在31歳の独身、4LDKの豪華なお家で愛猫ちゃんと優雅に暮らしています。

『ビビット』ではリビングやキッチンも映されていましたが、びっくりするくらい整頓されてピカピカでした。

インテリアはもちろんこだわりがあって、100万円以上する海外ブランドソファには猫柄のクッションを合わせて、キュートにまとめている所がDaiGoさんらしくてオシャレだと思いました。

印象に残ったのが、リビングに配置された観葉植物

背の高い大きな鉢植えのグリーンが3つくらい、窓際に間隔をあけて置かれていました。

無駄な家具の無いシンプルなお部屋だけに、そのグリーンがすごく目立っていましたね。

運気を重要視する人って家の中にグリーンを配置していることが多いですが、DaiGoさんももしかしたら、そういった効果を求めて置いているのかも知れません。

キッチンは調理家電だらけ!

DaiGoさんのお家のキッチンには、さまざまな調理家電が所狭しと置かれていました。

常に効率の良さを求めているDaiGoさんなので、お料理についても「時短ができる調理家電」に興味があるみたいです。

中にはヨーロッパから取り寄せた全自動調理器具というのもありました。

それを使うとパスタとかも全自動で作れるのだとか。どういう風に自動でパスタが出来上がるのか、すごく気になります…

DaiGoさんは意外に自炊もよくされているようですが、こうした調理家電を上手に使いながら、忙しい日々の中で食生活を気遣っているんですね。

服は8着しか持っていない

DaiGoさんのクローゼットの中はスカスカで、7着しかハンガーに服がかかっていなくて、あいているハンガーは今着ている服をかける場所ということでした。

服の種類はフォーマル3着、カジュアル5着のみ。それに、羽織るコートが2種類あるだけなのです。

DaiGoさんいわく、自分が思っているほど他人は人の服装なんて気にしていないから、同じものを着ていても何も思われない。

服を選ぶ時間がもったいない。ということでした。

スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグも、いつも同じ服ばかり着ていたと言っていました。

スポンサーリンク
 

DaiGoさんの趣味は読書

これは有名な話ですがDaiGoさんの趣味は読書です。

自宅の書庫には3000冊以上の本がぎっしり詰まっていましたが、それでも月に100万円分は新しい本の購入に使っているのだそうです。

DaiGoさんといえば速読法でも有名なので、たくさんの本も普通の人とは読むスピードが違うのでしょうね。

デスクには椅子が無い!

DaiGoさんのデスクはスタンディングデスクなので、椅子がありません。なんと、本を読む時も座らずに立って読むのです。

DaiGoさんによると、人は運動をしている時が一番記憶力が上がるということで、デスクの下にはステッパーを置いて、歩きながら仕事をしたり本を読んだりしていると言っていました。

夢はオックスフォードに図書館を作ること

読書好きのDaiGoさんの夢はオックスフォードに図書館を作ることです。

以前からオックスフォードに移住をしたいと語っているので、移住をした上で図書館を作りたいようです。

日テレの『アナザースカイ』でも訪れていましたし、本当にオックスフォードが大好きなんですね。

・『アナザースカイ』メンタリストDaiGo、イギリスで教わった「理想の自分」 - Ameba News [アメーバニュース]

DaiGoさんの収入はどうやって稼いでいる?

見た感じそんなにセレブ生活をしているようには見えないDaiGoさんですが、色々とこだわった生活を送っている姿を見ると、やっぱり稼いでいるんだろうな〜、なんて思ってしまいますよね。

気になるDaiGoさんの収入源は、著書の印税と、心理学を応用した企業へのコンサルタント、それに、『with』という恋愛マッチングアプリの開発費などで稼いでいるそうです。

印税だけで月収1000万以上!?

収入の中でも著書の印税に関しては、「少なくとも2週間に1冊は新刊を出版する」と言うDaiGoさんですから、相当な金額の印税を受け取っているものと思われます。

しかも、普通の印税は定価に対して8%がほとんどですが、DaiGoさんはよく売れる作家さんということで16%を受け取っているそうです。

ということは10万部突破してベストセラーになった『片付けの心理法則』だけでも2080万円の印税…

それ以外の本も合わせると「1カ月に8万部売れています」とDaiGoさんは言っていたので、その月収たるや、ものすごい金額ですよね。

DaiGoさんの恋愛観

相手の心を呼んで意のままに行動させる心理術を得意としているDaiGoさんですが、恋愛に関しては意外に消極的。

というのも、好きになると相手の心が読めなくなって分からなくなるのだそうです。

なので、相手からは「人の心ばかり読んで自分のことを分かってくれない!」と、ふられてしまうことが少なく無いようで、「恋愛感情がある相手の心は読めないということが20代のころに分かったので、恋愛の決定は自分でやってはいけないと思っている」と語っていました。

DaiGoさんは結婚しない?

もう31歳ということで、どうしても「結婚はどうするの?」と気になってしまうわけですが、今現在は結婚願望がないそうです。

以前はあったそうですが、今は結婚には興味が無い独身貴族という感じでしょうか。

まぁ、あれくらい満たされた優雅な生活をして、家事も上手にこなしているので、1人で何も過不足が無いのかも知れませんね。

こちらの記事もどうぞ

www.moriumino.com

スポンサーリンク