Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

【バレンタインデー】職場での義理チョコを今すぐやめるべき7つの理由

ルタオ (LeTAO) チョコレート ロイヤルモンターニュ 9個入

もうすぐバレンタインデーということで、チョコレートの準備をしている女性も多いと思います。

日本のバレンタインデーといえば、好きな男性にチョコを渡して告白するというのが以前は定番でしたが、最近では、日頃お世話になっている人にチョコを渡して感謝を伝えるというのが主流になっているようですね。

今年も職場でチョコを配るという人もいると思うのですが、ちょっと待ってください。その『義理チョコ』、本当に相手に喜ばれていますか?

相手が欲しくもないものをバレンタインデーだからといって一方的にプレゼントしてしまうと、渡された方は迷惑に感じることもありますし、渡す側もお金をムダにしてしまうと思います。

職場での義理チョコは今すぐやめるべきだと思う、7つの理由をまとめてみました。

スポンサーリンク
 

職場での義理チョコを今すぐやめるべき7つの理由

1.大半がゴミ箱行きになる運命

私の夫は経営者という立場上、毎年バレンタインデーに沢山のチョコレートを頂いて帰ってきます。

いつも2月10日くらいから渡され始めるようで、今年もすでに冷蔵庫の中がチョコレートの箱でいっぱいになっています。

毎年、この時期に憂鬱になるのは、このチョコレートたちが賞味期限が切れたあとゴミ箱に捨てるのが私の役目だからです。誰も食べないチョコレートが冷蔵庫を占拠していたら、邪魔だから捨てるしかありません。

夫に「どうせ食べないんだから、最初から『いらない』と言っておいた方が良い」と何度も忠告しましたが、「いらないと言っても渡されるし、変にいざこざになるより、その場ではもらっておいてすぐに捨てたらいいと思う」と、言っていました。

彼自身は、会社や取引先の女性たちとの関係を良好に保つためには、そういう気遣いも必要だと思っていて、それは私も理解できるのですが、やっぱり食べ物をどんどん廃棄するというのは心が痛みますよね。

これはたぶん、私の夫が特別なケースではなく、同じようにその場では「ありがとう」と受け取っておいて、食べずに捨てている男性もすごく多いのではないでしょうか?

2.そもそも男性は甘いものを好んで食べない(人が多い)

私のこれまでの人生の中で、職場で義理チョコをもらって帰ってくる男性をたくさん見てきました。

それは、父親だったり弟だったり、過去の恋人たちだったり、今の夫だったりするわけですが、私の知る限り、自分の彼女や家族以外からのバレンタインチョコレートを食べている男性を見たことがないんです。

極端な人は自らゴミ箱に捨ててしまいますし、あとはテーブルに置きっぱなしで忘れ去られ、ホコリをかぶったあとに捨てられるか、冷蔵庫に入れたまま翌年まで放置されるか…

自分の彼女や妻、子ども達に食べさせることも多いでしょうが、少なくとも喜んで自分で食べている人はあまりいないように感じます。

3.妻や彼女にケチをつけられることも

義理チョコを渡した相手に彼女や妻がいる場合、ほぼ確実に渡したチョコレートが見られることになります。

そこで、たとえば特売のチョコだったりすると、「あ、これイオンで安売りしてたやつじゃん」とか言われる可能性もありますし、専門店の高級チョコだったりすると、「義理チョコでここまでお金使う人ってすごいよね〜」などと皮肉を言われることもあると思います。

私も夫に渡されたチョコは一通り全部チェックして「うわ、これ高いやつやん!」とか、「これお徳用のやつを小分けにしたんやろな 笑」とか、無責任に感想をのべたりしています。(性格悪い)

4.子供にまでケチをつけられるかも

子供のいるお家だと、お父さんがもらってきたチョコレートを食べる機会も多いのではないでしょうか。

うちの子ども達も、ほんの少しですが夫がもらってきた義理チョコを食べることがあります。

その時、くまさんの形とかの可愛いチョコレートだと喜んでいますが、洋酒入りとかの大人なチョコだと「なにこれー?」とか言って、すぐに冷蔵庫にしまいます。

まぁ、ケチをつけるまではないですが、夫が「チョコもらってきたよ」と言っても、「また?もういらないって言ってるじゃん!チョコなんて食べたくないよ!」とか文句言っているのを見ると複雑な気持ちになりますね。

スポンサーリンク
 

5.「どうせ義理チョコだし」っていう気持ちがバレている

いや、どうせ義理チョコだから、そんなに深く考えてもらわなくてもいいし…

とか思って渡している、その、中途半端に軽い気持ちが相手に伝わっているから、余計に「嬉しい」よりも「面倒」に感じちゃうんです。

本当に感謝を伝えたいなら、相手が本当に喜ぶものを渡すべきだし、そこまでの気持ちが無いなら渡さなくていいです。最初から「渡さない」と決めた方が自分もラクだと思います。

もしも妻帯者に義理チョコを渡すなら、それはその人の妻や子供に渡すものだと理解しておいて、チョコレートを選んだ方が良いのかも知れません。

6.食べ物のプレゼントは嫌われる傾向がある

食べ物の好き嫌いってすごく個人差がありますし、いくらお腹が減っていても、自分が好きじゃないものなら食べたくないっていう人も多いですよね。

チョコレートって、私自身もほとんど食べることがなくて、たまに食べたら美味しいけど1箱全部っていわれると胸焼けがします。

それを何箱も男性に食べろって言う方がちょっとおかしいような気がして、「たぶん食べないだろう」と思いながらプレゼントするのも良くないと思います。

7.どうせ捨てられるなら別のものに

バレンタインデーの義理チョコをもらって、「気持ちは嬉しいけど、食べるのは無理…」って思っている男性も多いでしょうから、どうせ捨てられるなら別のものに変えてみた方が贈る側にもメリットがあるでしょう。

うちの夫も義理チョコの変わりに靴下やハンカチなどを貰ってくることがあって、それはきちんと使っていますよ。

なぜか下着(トランクス)を年配の女性から貰ってきたことがあったのですが、それは「なんか気持ち悪い」と言って捨てていました。

もし贈るなら、シンプルで使いやすいものが良いのだと思います。

バレンタインデーって必要か?

私は今までバレンタインチョコレートって贈ったことがありません。結婚前につきあっていた人にも、考えてみればあげてないです。

バレンタインデーといえば貰うことが多かったので、なんだか自分の中では女性から愛を伝えられる日のようになっていて(私はよくそっちに間違えられますがそっちではありません)、自分から誰かにチョコレートをあげるという考えを持ったことがないのです。

なので、自分の中ではバレンタインデーって全然必要ないように感じるのです。

古代ローマ帝国の宗教行事のように「普段は別々に生活している男女が、年に1度の祭りを一緒に過ごす相手を決める大切な日」っていうのなら、なんだかロマンティックでステキだなぁと思いますけどね…

スポンサーリンク