Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

がん治療トラブルが急増中|「必ず治る」「癌が消える」怪しい誘い文句には要注意!

f:id:muhuhu:20170922161859p:plain

今日の『ミヤネ屋』では、がん治療トラブルについて取り上げていました。

癌が必ず治る」「癌が消える

そんな風に言われたら、悩んでいる癌患者さんはついつい信じてしまいますよね。

ただでさえ、癌を宣告され弱りきっている患者さんの、藁をもつかむ弱い気持ちにつけこんだ癌治療トラブル。

今回は『ミヤネ屋』で出てきた「高額治療費がかかる、がん自由診療トラブル」をまとめましたので、良かったら参考にして下さいね。

スポンサーリンク
 

癌と診断された時の標準治療

がんの標準治療といえば、

  1. 手術
  2. 放射線
  3. 抗がん剤

の3つなのだそうです。

最近急増している「がん治療トラブル」は、この3つの治療法を拒否した人が巻き込まれることが多いのです。

「ミヤネ屋」に出演していた国立がん研究センターのセンター長によると、手術、放射線、抗がん剤は現在の医学では最善の癌治療法で、科学的根拠もしっかりしているのだとか。

抗がん剤や手術の負担に不安を感じて、自由診療や民間療法に頼ってしまう人も多いですが、がん治療はどんどん進化していて、副作用も昔に比べるとかなり軽くなっているそうです。

なので、怪しい高額治療を受けるよりは、保険適用内の標準治療を最初からしっかり受けておくことがベストなのだと「ミヤネ屋」では言っていましたよ。

がん治療トラブルになっている自由診療

ミヤネ屋で紹介されたがん治療トラブルで一番驚いたのは、「反省文を書かせる治療」という、とんでもない治療法でした。

反省文を書かせて数万円

6年前に卵巣がんステージⅣを宣告された女性は、手術や抗がん剤への不安が大きく、ネットで「効果がありそうな癌治療」を検索したそう。

そこで「がんが消える」と書かれていたクリニックに行ってみると、

癌にかかったのは、あなたの性格や考え方が悪いから

と言われたのです。

そして、治療と称して反省文を書かされたそうです。

泣きながら反省文を書いて、1回数万円の治療費を支払っていた女性。

もちろん反省文を書かせる治療に効果があるはずも無く、女性はこの反省文を書かせるクリニックの他にも手当り次第に自由診療を試してしまい、合計で800万円の治療費を払ってしまったのだそうです。

現在は普通の病院で標準治療を受けているそうですが、今思えば、失った800万円を使って家族と楽しいことをしておけば良かったと後悔しているのだそうです。

スポンサーリンク
 

他にも怪しい「がん治療」はいっぱい…

ネットで調べると、まだまだ「怪しい癌治療」がありました。

アガリクスやプロポリス、気功に鍼治療など…普通の健康法としては有効なのでしょうが、それで癌が治ると言ってしまうのは、やっぱりダメですよね。

国立がん研究センターのセンター長によると、これまでの長い経験を振り返っても、「癌が消えた」という患者に出会ったことは無いそうです。

本当に「癌が消えた」と言う人がいるなら、それは、そもそも癌ではなく炎症などを誤診されていた可能性が高いとのこと。

センター長は、

がん細胞はそんなに簡単に消えるものではない

と言い切っていましたよ。

がん予防には「たくさん笑うこと」や「ビタミンCを積極的に摂ること」が良いとされていますが、それも癌のリスクを減らすことには効果があると考えられるが、医学的な検証は行なわれていないため、治療法予防法として有効とは言えないそうです。

がん治療のベストは?

がんと診断されると、不安とショックで胸がいっぱいになって、「どうにかしなければ!」と焦ってしまいますよね。

でも、だからといって信頼できない自由診療、民間療法に頼ってしまうと、お金もムダになりますし、がんを治すための治療も遅れてしまうことになります。

専門医の方が、「手術、放射線、抗がん剤」が今の癌治療のベストだと言っていたので、まずはそこに希望を託すのが一番なのかも知れませんね。

スポンサーリンク