Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

ベッキー流の恋愛テクニック?「ナイナイ岡村の眼鏡を家に持ち帰ってお誘いを待っている」

昨日、ナインティナイン岡村さんの「おかべろ」が面白トーク総集編を放送していました。

総集編の中で、今年の2月にゲスト出演したベッキーさんの回の未公開シーンを放送していたのですが、そこでは意外にもベッキーさんが岡村さんの気を引くために「ある作戦」を決行中であることが明かされていて、私はちょっとビックリしてしまいました。

ベッキーさんと言えば、2016年の「ゲス不倫騒動」で恋愛にはこりごりなのかと勝手に想像していたのですが、ご本人は恋愛に前向きの模様。

「おかべろ」の未公開シーンでは、岡村さんへのラブ作戦や、岡村さんが考える「ベッキーさんの理想のお相手」なんかの話もありましたよ。

スポンサーリンク
 

上戸彩さんと3人でLINEグループを

ベッキーさんとナイナイの岡村さんの繋がりは、どうやら上戸彩さんがきっかけになっているようです。

上戸さんは岡村さんと親しいEXILEのリーダーHIROさんの奥さんですから、そこから仲良くなったのかも知れませんね。

今では上戸彩さんとベッキーさん、それに岡村さんの3人でLINEグループを作っているそうで、上戸さんはベッキーさんに岡村さんとの交際を強くすすめていた頃もあったのだとか。

「ゲス不倫騒動」でベッキーさんが謹慎している時には、岡村さんがベッキーさんを元気つけるためにメールを送ることもあり、「オカムーは優しい。あの時は送られてくるメールが生きがいだった」とベッキーさんは笑顔で語っていました。

どうでも良いですが、ベッキーさんは岡村さんを「オカムー」って呼んでいるんですね…

14才年の差のあるお2人ですが、そんな年齢差は感じないくらい打ち解けた雰囲気でしたので、もしかしたら本当に恋愛に発展することがあるのかもと思いましたよ。

岡村の眼鏡を持ち歩くベッキー

未公開シーンで、ベッキーさんが私物のポーチをがさごそと開くと、中から黒ぶち眼鏡を出しました。

その瞬間、「あー!」と声をあげる岡村さん。

「これオレのプライベート眼鏡やねん」

と、共演者のロンブー亮さんに説明します。

「これ実は、上戸さんと相談して、持って帰っちゃおうって」と、笑いながら語るベッキーさん。

「持って帰ってたら、無くなってるって連絡が来て、会おうってなるかなって…。だって、この人(岡村さん)、全然会ってくれないんだもん!電話もつながらないし!」と、ちょっと怒り口調で言っていました。

つまり、上戸彩さんと2人で岡村さんの気を引こうとしているのに、岡村さんが何もアクションを起こしてこないため、持ち物を持って帰ることで連絡を待ち、誘ってくれるチャンスを作ろうと考えたみたいです。

この作戦は上戸さんが言い出したと言っていましたが、ベッキーさんもなかなかの策士だなと思いました。

普通の男の人なら、こういうきっかけ作りでコロリと恋愛に発展してしまいそうな気がします。

ただ、ナイナイ岡村さんの場合は残念ながらそうならなかったようで、「眼鏡知らない?」という連絡さえベッキーさんに寄越さず、何も言ってこなかったとのこと。

どうやら岡村さんはベッキーさんが持っていることには気付いていたみたいですが、だからといって「返せ」とは伝えなかったそうです。

岡村さんの前でその眼鏡をベッキーさんがかけていても、岡村さんは何も言わず、気付いて欲しいベッキーさんは少し悲しかったようですね。

「だって、なんか言いにくいやん…」

岡村さんにはベッキーさんの恋愛テクニックが通じず、ただ困惑していただけって感じでした。

半ば呆れ顔のベッキーさんに、岡村さんは「眼鏡返してくれ」と頼んでいましたが、「プライベートで言ってくれたら返す」と言って、またベッキーさんは岡村さんの眼鏡を大切そうに自分のポーチにしまっていました。

スポンサーリンク
 

岡村が考えるベッキーの理想の相手

岡村さんはベッキーさんの今後の恋愛について、「芸能界の人はもうやめとこうや」と言っていました。

じゃあどういう人がベッキーさんに合っているのか聞かれると、「職人やな」と答えて笑いを誘っていましたよ。

ベッキーさんが最近モデルとしても活躍しているためか、カメラマンをすすめる場面もありましたが、ベッキーさんは騒動の間カメラに追いかけられたトラウマがあるのか、「カメラを向けられるのは怖い…」と言っていました。

ちなみに、岡村さんとの恋愛については、「ないかな…」と弱気の発言をしていましたが、岡村さんが「どうなるか分からんからね」と言って希望があることを口にすると、「本当?」と、嬉しそうに笑っていました。

岡村さんの潔癖な性格からしてベッキーさんとの恋愛は難しそうですが、ベッキーさんには、正直で優しい男性と巡り会って素敵なロマンスを経験してほしいものです。

スポンサーリンク