【追記あり】Apple Pay(アップルペイ)の使い方や注意点まとめ|iPhone で『Suica』が利用可能に!

f:id:muhuhu:20161026114432j:plain

*2016.11.11 Apple Pay対応機種の情報を追記しました

 

便利で安全性の高いスマホ決済サービスのApple Pay(アップルペイ)が、ついに日本でも使えるようになりましたね。これには国内のiPhoneユーザーはもちろん、海外から日本へ観光に来ている外国人の方々もすごく喜んでいるのだそうです。

そこで今回は、Apple Pay(アップルペイ)の登録方法や使い方、注意点などをまとめてみました

最近すごく注目が集まっている、「JR東日本の『Suica(スイカ)』をApple Pay(アップルペイ)に登録する方法と注意点」についても書いていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
 

Apple Pay(アップルペイ)とは?

Apple PayとはiPhoneを使用したスマホ決済サービスのことで、iPhone6の発売時に米アップルが導入しました。

ただ、日本ではまだApple Payは使用できなくなっていたので、今回のiPhone 7/7 Plus発売に連動して、日本でも10月25日からApple Payが使えるようになったのです。

日本でのApple Pay(アップルペイ)導入が遅れたことについて、アップル側は「日本には独自の決済インフラがあり、追加で対応する必要があったため時間がかかった」と説明しています。

Apple Pay(アップルペイ)はどこで使える?

Apple Payの使い方は「おサイフケータイ」とほぼ同じで、端末をかざすことで「ピピッ」と支払いをすることができます。

Apple PayはSuicaの他にもiDやQUICPayに対応していますが、PASMOやSMART ICOCA、PiTaPaには未対応となっています。

アップルストアやイオン、セブンイレブン、すき屋など、約36万のショップや飲食店で使用することができ、近日中には、ユニクロやマツモトキヨシでも使えるようになるそうです。

関西人としては「ICOCA」への対応が待ち遠しいですね…

アップルペイが使える機種はこちらになります!

「Apple Pay」はiPhone7シリーズでしか使えないと誤解している人も多いようなので、Apple Payがどの機種で使えるのかをまとめておきました。

意外と色んな機種で使えますが、店頭やSuica、ネットショッピングなど、使える範囲がそれぞれ違いますから注意して下さいね。

Apple Pay(アップルペイ)対応機種

iPhoneシリーズ

日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus*
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE

Apple Watchシリーズ

日本国内で販売され、iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2*

iPhone 5以降とペアリングした
Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)

iPadシリーズ

iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3

Macシリーズ

2012年以降に発売されたMacのモデル

 

*交通機関と店舗での支払いにApple Payを使用するには、日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus、またはApple Watch Series 2が必要です。

Apple Pay(アップルペイ)のカード登録と安全性

Apple Payの何がすごいかと言えば、まずカードの登録が分かりやすく、なおかつ安全性が高いという所です。

クレジットカードやSuicaカードなど、Apple Payで決済をしたいカードはあらかじめ登録しておく必要がありますが、方法は驚くほど簡単。

iSightカメラで登録するカードを撮影して、セキュリティコードを入力すれば終わりです。

一旦登録を済ませば、もうそのカードを持ち歩く必要はなく、手持ちのiPhoneだけで買い物をしたり電車に乗ったりできるのです。

そして、肝心なのは安全性ですが、Apple Payはそもそも安全対策が売りのスマホ決済サービスなので、これまでおサイフケータイなどに抵抗感があった人でも安心して使えるようになっています。

「Apple Pay」の安全性は、従来のシステムよりかなり高くなっています。
 まず、支払い時にはTouch IDの指紋認証が必要なので、もし他人がiPhoneを拾ったり盗難した場合も使うことはできません。
 またクレジットの情報はAppleや店舗には保存されません。さらに支払い毎にワンタイムのカード番号が発行され行われるので情報を抜き取られたり、保存されて再利用されることもありません。
 さらにもしiPhoneを盗難されたり、紛失した場合も「iPhoneを探す」アプリからクレジット情報を削除できます。

「Apple Pay」発表!iPhoneやApple Watchで支払いができる決済システム。安全性もバッチリ! | 面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

iPhone でSuicaを使うための登録方法

iPhoneシリーズのApple Pay導入でなにより話題になっているのが、「JR東日本の『Suica 』がiPhoneで使えるようになる」ということですよね。

ここからは、Apple PayでSuicaを使いたいときの手順を分かりやすくまとめてみました。ざざっと読んでみて下さいね。

1. iPhone 7か7 Plusを手に入れる

Apple PayはiPhone6,7シリーズやiPad、Macなどで使えますが、Suicaに対応しているのは今のところiPhone 7か7 Plus、Apple Watch Series2だけになっています。

ですから、iPhoneでSuicaを使いたい場合は、これらの機種を持っていないといけません。

また、海外SIMフリーのiPhone7シリーズでは使用できませんので、注意して下さいね。

たとえアップル公式サイトで購入したiPhone7シリーズであっても、Apple Payは日本国内で発売された機種しか使えないことになっているため、海外SIMだった場合には使えないこともあります。

iPhoneのApple Pay対応に関しては色々なケースがあります。新規で購入する場合は、必ず「Apple Payが使えるか」を確認をしておくことをおすすめします。

2. iOSをアップデートする

Apple Payは最新バージョンの iOS 10.1 にアップデートしないと使えません。まだiOS10の場合はアップデートをしておいて下さい。

手順は、「設定」から「一般」を選択して、次に「ソフトウェアアップデート」と進んで、「iOS10.1」にアップデートを行ないます。

3. 「Wallet」アプリを起動する

ホーム画面にある「Wallet」を起動させ、Apple Payをタッチして「カードの種類」で、使いたいカードの種類を選択します。

「Suica」もこの項目に出てきますので、選択してカードを撮影しましょう。

ここで注意点ですが、SuicaカードはApple Payに読み取らせた瞬間に無効化されて使えなくなります。

なので、「とりあえずどんな感じか登録してみようかな?」と軽い気持ちで操作してしまうと、お手持ちのSuicaカードが無駄になってしまう場合もあるので、そこだけは注意して下さいね。

Apple PayでSuicaを使い始めるには、まずiPhone 7をあなたのSuicaカードかSuica定期券の上に置いてください。あなたのSuicaの残額やSuica定期券の情報がすばやく転送されます。これであなたのSuicaがiPhoneに入ったので、もうプラスチックのカードを持ち歩く必要はありません。

Apple Pay - 始め方 - Apple(日本)

スポンサーリンク
 

『iPhone向けSuica』と『モバイルSuica』の違い

使用方法などは従来のモバイルSuicaと似ている部分の多いiPhone向けSuicaですが、実はモバイルSuicaに比べてできないことも色々あるのです。

使いはじめてから困らないように、iPhone向けSuicaのできないことを下記にまとめました。

モバイルSuicaに出来てiPhone向けSuicaにできないこと

  1. 「EX-IC」(JR東海の東海道・山陽新幹線予約サービス)が使えない
  2. 銀行チャージ、キャリア決済チャージができない
  3. ネット決済サービスなど一部の機能が利用できない
  4. 「ビュー・エクスプレス特約」をiPhoneに移行すると解除されてしまう
  5. Androidやフィーチャーフォンで「モバイルSuica」を使っていた人は、一旦サーバにデータを預けてからiPhoneに機種変更しなければいけない
  6. 再発行登録したモバイルSuicaの情報はiPhoneに引き継げない

Androidユーザーにも朗報が!

今回のApple Pay(アップルペイ)導入で、これまでAndroid携帯を使っていた人の中には「これを機にiPhoneに乗り換えようかな…」と検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、もうちょっと待ってみて下さい。

実は現在グーグルが、Androidユーザーに向けたスマホ決済サービス「アンドロイドペイ」を準備中です。

近日中に使用できるようになるそうですから、Androidユーザーの方はもう少し待って情報を確認してから検討してみられたら良いかも知れませんね。

スポンサーリンク