「嫁が嫌い!」「妻が嫌い!」嫁いできた妻と上手くいかない時におすすめの3つの対処法

f:id:muhuhu:20160923224044p:plain

「息子と結婚した嫁と気が合わない」

「嫁いできた妻のことが嫌いになってツライ」

こんな風に悩んでいる夫や姑・舅って意外にたくさんいますよね。

夫や姑・舅は「自分たちの家庭に嫁を迎える立場」ですから、嫁いできた女性と自分たち家族との関係がうまくいかないと嫌気がさしたり不安になることもあると思います。

ただ、いくらお嫁さんと気が合わないとはいえ、それですぐに離婚してしまうのも考えもの。

特にお子さんがいる家庭だと、離婚のリスクはかなり大きいものになりますし、こちらから離婚を切り出した場合には「責任を取るために」家族みんなが負担を強いられることもあるのです。

ですから、お嫁さんとは仲良し家族とはいかないまでも、できればお互いに譲り合って、表面上だけでも良好な関係を築いていきたいものですよね。

では、気が合わないお嫁さんとどうやって仲良くするのか。

今回は、「お嫁さんを迎える立場の夫とその家族の対処法」を3つご紹介していきますね。

1. 家事はできなくて当たり前だと理解する

息子の嫁に対する不満で結構多いのが、「嫁が家事ができない」「料理がへたくそ」「家の中が汚い」っていう不満なんですよね。

確かに、嫁があまりにもズボラだと、お姑さんが「主婦の先輩」として口出ししたくなる気持ちも分かります。

また、夫の方でも、仕事から疲れて帰った時に家がぐちゃぐちゃに散らかっていたら、気分が悪くなって腹が立つこともあるでしょう。

でも、最近の女の子は昔ほど家のお手伝いをする機会がありませんし、共働き世帯で育っている人も多いので、そもそも家事の基本を母親から学ぶ時間がなかったりするんです。

もしも小さい頃から母親が家事をする姿を身近で見ていたり、お手伝いする機会があれば、お嫁さんもそれなりに家事のやり方は身に付いていると思います。

しかし、そういうチャンスがないままに育ってしまった女性については、家事が上手にできないのは育った環境やご両親の考えによるものですから、「お嫁さんには罪は無い」と考えてあげて下さい。

確かに、汚れた部屋や手抜きの料理を見ると「これからどうなるんだろう」と心配になりますよね。

でも、それを直接責めるのはやめて、「少しずつ一緒に練習しようね」と言ってあげたり、「前より上手にできてるよ」と、良い部分は認めてあげることで、お嫁さんのやる気を引き出してあげることが大切なのです。

2. 孫に執着しない

お姑さんにとって、孫の存在はすごく大きいものですよね。とにかく会うたびに可愛くて、色々とお世話をしてあげたくなるものです。

孫を大切に思うばかりに、孫のことに関してあれこれと口を出してしまうこともあるのではないでしょうか。

「しつけはこういう風にするのよ」

「私の子育てはこうだったわよ」

そんな風についつい口を出してしまうと、お嫁さんは「自分を否定されている」「母として尊重されていない」と感じて、すごく嫌な気持ちになってしまうんです。

お姑さんにしてみれば、よかれと思ってしたアドバイスでも、お嫁さんにしてみれば「孫にばかり執着しないでよ!」なんて思われている可能性もあるのです。

お孫さんのためにせっかく言った言葉も、そのように受け取られては立つ瀬がありませんし、そんな風に思われるなら最初から口出ししない方が良いですよね。

女性って、もともと母性本能があるので、可愛い子どもにあまりに口出しされると「奪い取られる」と錯覚してしまうこともあり、実際に、身内であっても赤ちゃんを触られたくないと感じるお母さんは多いのだそう。

ですから、お孫さんのことはまずお嫁さんに任せてみて、手助けが必要な時にだけ率先して関わってあげて下さいね。

3. 働くことを否定しない

今は共働きの家庭が普通ですし、お嫁さんが働くことに反対をする夫やお姑さんは少ないと思います。

ただ、そうは言っても心の中では「できれば家の中で家事をしていて欲しい」と思っていたりしないでしょうか。

生活のために仕方なくお嫁さんが仕事をしている場合は別として、結婚前から働いていた会社に結婚後も務めて、バリバリとお嫁さんが働いていると、「ちょっとは家庭のことを優先して」「そろそろ子どものことも考えて」と、ついつい思ってしまう夫やお姑さんってすごく多いそうです。

ただ、仕事を頑張っている女性は、自分が働くことを否定されることにすごく敏感なのです。

少しでも家族にそういった素振りが見えると、「なんで私が働くことを否定されなくちゃいけないの?」と、嫌悪感を持つ妻も少なくありません。

女性の「ワークライフバランス」はとても繊細な問題ですから、軽はずみに意見を言ったことで家族関係にヒビが入ることも考えられます。

まずは本人の意思を尊重して、あまりあれこれ口出ししない方が無難でしょう。

f:id:muhuhu:20160923224109p:plain

お互いを尊重しながら

いくら愛し合って結婚をしたとはいえ、お嫁さんは夫家族にとって赤の他人。ちょっとでもトラブルでもあれば、一気に敵対する存在になってしまいます。

ドラマに出てくるような、良妻賢母のお嫁さんが来てくれることなんて、ほとんどあり得ない話で、どこの家庭でも嫁との関係になんだかんだと悩みを持っているものです。

ですから、「うちの嫁は…」なんて、自分だけがハズレくじをひいたと思わずに、みんな同じようなものだということを理解しましょう。

そして、その上でお嫁さんとうまくやっていくために、お互いを尊重する気持ちを持てるように考えてみて下さいね。