【トマト納豆ダイエット】10日続けた体重変化とダイエット効果をクチコミ!

f:id:muhuhu:20160915105444j:plain

9月3日の「サタデープラス」では、トマト納豆のレシピが紹介されていました。

「これは身体に良さそう!」「ダイエットにも効果があるかも!」

私はそんな風に思って、さっそく試してみることにしました。

昨日で、トマト納豆を食べつづけて10日間たったので、今回は続けてみた感想や、体重の変化を公開してみようと思います。

スポンサーリンク
 

『トマト納豆』は塩出し効果がある?

「サタデープラス」では、トマト納豆がダイエットのためというよりは、「健康に役立ちます!」という感じで紹介されていました。

どういうことかというと、トマト納豆には体内にたまった塩分を排出してくれる働きがあって、食べることで身体の『塩出し効果』があるらしいのですね。

塩分の取りすぎは血管のつまりやドロドロ血につながって、心筋梗塞や脳卒中などの突然死のリスクを高めてしまいますが、トマト納豆のように身体の水分量を調節して塩分を排出してくれるような食材を食べることで、そういう病気のリスクが防げるのです。

そして、正常な排出が継続できれば、もちろんダイエットにも効果があるということなのですね。

私は普段から「痩せたい!」という気持ちが強いことはもちろんですが、ドロドロ血とか血管が詰まったり傷んだりする病気もすごく恐れているんです。

太り気味のメタボ体型だとどうしても血管系の病気にかかりやすいと言われていますし、年を重ねればリスクもどんどん大きくなりますからね。

トマト納豆はダイエットとともにドロドロ血の解消も期待できるという、まさにダイエッターにとっては理想的な食材だと思います。

『トマト納豆』の食べやすいレシピとは?

f:id:muhuhu:20170315164924j:plain

トマト納豆が身体に良いことは「サタデープラス」を見てよく分かったのですが、実は、私はトマトと納豆が苦手なんです。

トマトのすっぱさや納豆の食感がどうにも好きになれない私…。それをダブルで味わうというのが、ちょっと不安でもありました。

でも健康とダイエットのためなら、なんとか頑張って食べてみた方が良いだろうと決意したのです。

スポンサーリンク
 

私がやってみた食べ方

トマトと納豆が苦手な私は、なるべく味や食感を感じにくいようにキムチなどの味の濃い食材と混ぜ合わせたり、そうめんやおそばなどの麺類と合わせたり、牛丼を作ってから上にのせたりして食べました。

トマト納豆だけで食べると、やっぱりそのまんまの味なので食べにくく感じるのですが、他の食材とあわせるとすごく美味しく感じられるようになったのです。

ただ、別のものに合わせるのが面倒な時もあって、そんな時は焼き肉のタレをかけて食べました。

これ、意外に合いますよ。めっちゃ美味しくて、違和感無く食べられました。

トマトと納豆の食べ方については、こういうレシピ集も参考になりますよね。

10日間続けた結果!

f:id:muhuhu:20170315165354j:plain

毎日納豆1パックとトマト半分(プチトマトの時は3個)を10日間続けたのですが、まず始めて2日目くらいからお通じがものすごく快調になりました。

1日1.2回、しっかり出る感じです。

そして、それまでずっとアレルギー性鼻炎に悩んでいたのですが、それが無くなったんです。これにはビックリしましたよ。

鼻炎のことはもうほとんど諦めていたので、まさかトマト納豆で治るとは思ってませんでした。

毎朝飲んでいた鼻炎のお薬を飲まなくて良くなって、今も全然鼻がグズグズしません。

便秘と鼻炎の悩みがトマト納豆で解消されたわけですが、お腹が快調になった分、体重も3日間で1キロ減りました。

ただ、1キロ減った後は横ばい状態が1週間目くらいまで続き、そこから10日目までに少しずつ減りました。

最終的には1.6キロ体重が減って、お腹はかなりへこんだような気がします。

『塩出し』の効果はよく分かりませんが、なんとなく顔のむくみがスッキリしたような気も…。(気のせいかも知れませんが)

『トマト納豆』これからも続けます!

ということで、最初は味と食感に苦労したトマト納豆も、レシピを工夫することで10日間続けることができました。

ダイエット効果はまだはっきりとは分からないのですが、体調はすごく良くなったように感じるので、これからもトマト納豆をずっと続けていこうと思っています。

なんといっても、長年の悩みだった鼻炎の症状が出なくなったというのが、私としては1番嬉しかったです。

できるだけ長く続けるためにも、トマト納豆をもっと美味しくできるようなレシピを研究しなくちゃと考えています。

スポンサーリンク