Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

【冬期鬱(うつ)とは?】寒いと気分が落ち込む…そんな時の対処法

f:id:muhuhu:20171127133512j:plain

気温がぐんと下がって寒くなる季節…

日中は暖かくても、夕方からかなり冷え込む日も多く、1日の寒暖差から体調を崩しがちです。

真冬の寒い時は風邪やインフルエンザに気を付けなくてはいけませんが、一方で、「心の健康」にも、気を配らなければいけません。

人の心の安定は、日照時間にかなり大きく影響されるので、日照時間が短い冬の時期は「冬期うつ」という症状に注意が必要なのです。

スポンサーリンク
 

『冬期うつ』とは?

「冬期うつ」とは、その名の通り、冬にうつ症状が出ることです。

とはいえ、冬という季節が原因で鬱病になってしまうわけではなくて、もともと鬱傾向だった人が、冬特有の気象の影響を受けることによって症状が強まったり、これまでは抑制されていた心のバランスの乱れが表に出るきっかけになったりするのです。

なので、精神的に不安定になりやすい人は、冬に症状が悪化しないように上手に対処することが大切ですね。

「冬期うつ」の症状

冬期鬱(うつ)の症状を分かりやすく説明すると、下記のような感じになります。

寒い季節にこうした症状が気になることがないか考えてみて下さいね。

  1. 何事にもやる気が出なくなり、これまで好きだった趣味の話題などにも興味が湧かなくなる。
  2. 自己否定の気持ちが強くなり、自分自身が嫌になる。
  3. 些細なことでもイライラして怒りっぽくなる。
  4. 疲れやすく集中力が続かない。
  5. 拒食、あるいは過食になる。
  6. 睡眠時間が増えて、しっかり寝ていても眠気がとれない。

「冬期うつ」の原因

私たちは、脳の神経伝達物質セロトニンの働きによって「健やかな心」を保っています。

セロトニンが正常に分泌されていれば、人は「気分が良い」と感じ、前向きな気持ちになることができます。

しかし、セロトニンの働きには日照時間、つまり、お日様の光を浴びるかどうかというのが大きく影響しており、きちんと日光を浴びることができないとセロトニンの分泌が減少し、結果的に気分が落ち込んでうつ症状を引き起こしてしまうのです。

雨や曇りの日が続くと憂鬱になったりやる気が減退するのも、お日様が雲に隠れて日光が届かないことが原因の1つといわれています。

スポンサーリンク
 

日光を浴びれば症状は改善

「冬期うつ」を改善するためには、外でお日様の光を浴びるというのが一番の治療法です。

しかし、真冬は薄曇りの時間が長くて、たとえ晴れの日でも日照時間は少ないですよね。

そのため、病院で「冬期うつ」と診断されると、人工的な高照度光を患者さんに浴びさせる光治療を受けることが多いそうです。

外に出ても日光を浴びられない分、人工的な光を作って浴びてもらうと症状が和らぐこともあるのですね。。

「冬期うつ」の光治療は、患者の約7割に有効とされています。

ただ、脳内のセロトニン生成には、日光のほかにもトリプトファンという物質が必要となるため、体内のトリプトファンが少ない人では、いくら光治療をしても効果が出ない場合もあります。

トリプトファンは食事から摂ることもできます

体内のトリプトファンが少なく、なかなか冬期鬱の症状から抜けられない人は、食事を見直してみるのもおすすめです。

トリプトファンはナッツ類や豆類、赤みの魚、バナナ、チーズなどに多く含まれています。

食事の時には、こうしたトリプトファンの多い食材を意識して食べてみましょう。

外食が多く献立に取り入れるのが難しい場合は 、サプリもありますから上手に利用してみて下さいね。

寒くてやる気が出ない時には

冬の日照時間が影響する「冬期うつ」は、気象条件が精神面を左右してしまいます。

一時的な気分の落ち込みは誰にでも起こりうることですが、「冬期うつ」の場合は、時間がたっても気分が改善せず、精神的なつらさが日増しに強くなっていくことも…。

寒くなり始めてから気持ちが沈んでやる気が出ないという時には、「冬期うつ」の可能性も考えて、なるべく日光を浴びるようにしたり、食生活を見直してみて下さい。

症状が重くなったり、気持ちのコントロールが難しい時には、できるだけ早く病院を受診することも大切です。

無理をせず、上手に冬を乗り切りましょうね。

スポンサーリンク