Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

【インフルエンザ・風邪】本当に効果がある6つの予防法!

f:id:muhuhu:20171012153204j:plain

インフルエンザや風邪の予防といえば、「手洗いうがい」や「予防接種」などが有名ですよね。でも、「きちんと気を付けていてもかかってしまった!」という人もたくさんいると思います。

小さなお子さんや高齢者のいるご家庭、仕事が重なって今は絶対仕事を休めないという人のために、本当に効果のあるインフルエンザ・風邪の予防法をあつめてみました。

季節の変わり目や風邪が流行する冬に、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク
 

インフルエンザ・風邪の効果的な予防法

1. 手洗いうがいの徹底

定番ですが、やっぱり手洗いは風邪とインフルエンザの予防に、かなり効果的なようです。

電車のつり革や階段の手すり、ドアノブにデスク周りなど、私たちの身の回りには目に見えないウイルスや雑菌がいっぱい。

何も考えずに生活していると、手のひらや指先についた汚れを気付かないうちに自分の身体に侵入させてしまいます。

人間は、自分でも気付かないうちに顔周りを何度も繰り返し触っているというデータもありますから、手洗いはこまめにしていつも清潔を心がけましょう。

うがいについては、ウイルスが侵入したタイミングですぐにうがいをしないと効果がないため、あまり予防にはならないという意見もあります。

しかし、喉の乾燥を防ぐことは病気予防にとても大切なこと。手洗いをしたついでに、うがいもやっておきましょう。

風邪が流行する時期なら、本体に触らず手洗いできる「ノータッチハンドソープ」がおすすめです。

 2. 寒冷刺激をなるべく避ける

屋外での作業などで長時間寒い場所にいると、冷たい空気をずっと吸い続けることになるので、鼻や喉の奥の粘膜の血管が縮んでしまいます。

そうなると、鼻の奥の粘膜にある「線毛」という細い毛の役割である、ウイルスや細菌を外に排出する働きがうまくいかなくなってしまうため、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまうのです。

屋外に長時間いるときや、真冬の寒い日に外に出る時は、マスクを着用することで寒冷刺激を和らげることが出来ます。

また、風邪のひき始めで喉に違和感がある時にも、早目にマスクをつけて外気から喉や気管支を守ることで、ひどくならずに治す効果もありますよ。

 3. しっかり休息をとる

忙しい日が続いてストレスがたまっていたり、身体が疲れている場合にも「線毛」の働きが弱って病気にかかりやすくなります。

仕事や家事など、やるべきことが重なるとどうしても無理をしてしまいますが、そうした無理がたたって、もしも病気になって寝込んでしまったら本末転倒ですよね。

「なんか最近疲れてるな…少し休みたいな…」と思う時には、とりあえず一旦気持ちをオフにして身体を休ませましょう。

「病気は発症するまでが勝負」とも言われますから、悪化させないためにも、しっかり休息をとることは大切なことです。

 4. 温度と湿度をコントロールする

風邪やインフルエンザなどのウイルス性の病気は、ほとんどが喉や鼻から体内へ侵入します。

ですから、こうした病気の侵入を防ぐためには喉や鼻をベストな状態にしておくことが大切なのです。

特に空気の乾燥は粘膜の「線毛」の働きが弱ってしまいますから、お部屋の湿度には気を付けておきたいところです。

「理想的な湿度は50%以上」といわれていますので、空気が乾燥している日には加湿器を使ったり、バスタオルなどを部屋干ししてみるのも効果的です。

加湿器の上手な選び方はこちらの記事を参考にして下さいね。 

 5. 元気な時は薄着にしておく

風邪気味の時や体調の悪い時は基本的に身体を冷やさない方が良いですが、普段の健康な状態の時には、できるだけ薄着の習慣をつけておきましょう。

人間の身体には体温を調節する機能が備わっていますが、いつも厚着をしていると、その働きが鈍くなり、気温に合わせた体温調節が上手にできなくなってしまいます。

厚着は身体本来の抵抗力を弱めることになりますから、寒い時期でもあまり着込まず、気温に合わせて調節できるように上着やカーディガンでコントロールしてみてくださいね。

また、暖房で部屋の室温が上がりすぎている時は、換気をして空気を入れ替え、適度に「寒さ」を感じることも大切なことですよ。

温湿度計で室温をしっかり管理しておきましょう。

スポンサーリンク
 

 6. 緊張感で乗り切らず早めに病院へ

体調が悪い時でも、大切な仕事をしている時だけは元気でいられたり、どうしても休めない試験の時には熱が下がったりと、極度の緊張が病気をはねのけてしまった経験を持つ人も多いですよね。

緊張というより、「気合い」がそうさせるのかも知れませんが、「つらくてもやる気で押し通したらなんとかなった」という人も実はたくさんいます。

ただ、普通の風邪くらいなら気合いでなんとかなる場合もありますが、風邪だと思っていたら実は重い病気が隠れていたり、早目に病院に行かなかったことで風邪をこじらせ、重篤な症状を引き起こす可能性もあります。

私自身も風邪をこじらせて肺炎になり、入院をした経験があるので、やはり体調の悪い時は早目に病院を受診してしっかり休養するのが一番だと思いますよ。

我が家の健康法は「R-1ヨーグルト」です

風邪やインフルエンザを効果的に予防する方法。ここまで紹介したものは、私も日頃から気を付けるようにしています。

我が家では上記の予防法にプラスして、明治の「R-1ヨーグルト」ドリンクタイプを家族全員で毎日飲んでいます。

もともと、みんな身体が弱いのと、子ども達が小さい頃にインフルエンザにかかり一家でダウンしてしまったことがあり、それからは1年中「R-1ヨーグルト」をかかさないようにしています。

「R-1ヨーグルト」はインフルエンザや風邪を予防する効果があるらしいので、飲みはじめてからはインフルエンザの予防接種もやめました。

それから5年間くらいたったでしょうか。家族全員、一度もインフルエンザにはかかっていませんよ。

風邪・インフルエンザを予防して元気に過ごそう!

風邪とインフルエンザは、日常の心掛けである程度は予防できますし、また、かかってしまっても早目に対策をすることで軽くおさえることもできるようです。

今回ご紹介した6つの方法を実践しながら、元気な毎日を目指しましょうね。

こちらの記事もおすすめです! 

スポンサーリンク