少年Aが手記『絶歌』を書いたことは遺族への裏切りになるのか?

絶歌

神戸連続児童殺傷事件の加害者であるA氏が、遺族の了解なく手記「絶歌」を出版したことが波紋を呼んでいます。

この、いわゆる「酒鬼薔薇事件」で可愛い息子さんを無惨な形で亡くされた父親は、かねてからA氏にメディアに登場したり手記を出版するようなことはしないで欲しいと伝えていたそうです。

事件から18年をかけてようやく気持ちの整理がつきかけていた所でこのような事態となり、遺族の方々には動揺や怒りが広がっているようです。

スポンサーリンク
 

元少年Aは誰に何を伝えたかったんだろう

最初にお伝えしておきますが、私は「絶歌」を読んではいません。

嫌悪感とか怒りとか、そういった感情とは違うのですが、読むことでこの事件に関しての新たな発見があるとも思えないからです。

ネット上にはすでに「絶歌」の引用が溢れており、あえてお金を出して買わずとも大体の内容は理解できます。

このA氏の手記について、被害男児のお墓があるという明石市の市長は、書店や市民に対して「絶歌」の販売・購買の自粛を呼びかけており、大手書店チェーンの中には取り扱いを中止したところもあります。

A氏が遺族からの要望を聞き入れずに一方的に手記を出版してしまったこと、また、実名を出さずに出版したことで社会的な責任を免れようとしていること。そういった事への批判は日々高まっていますから、販売自粛の行動は今後もっと広がるのではないでしょうか。

 

でも、私は思うのですが、この特異な事件の加害者であるA氏に、非常識だ卑怯者だと怒りをぶつけること自体が無意味なのではないでしょうか。

「出版社の責任も重いと思われます」と、どこやらのコメンテーターが言っていました。もちろんそうでしょう。この場合、悪いのはA氏ではなく出版社です。

 

A氏はきっと、頭の中に溢れる思考をとどめておけない人なのだと思います。だから、どんどん外に出してしまう。A氏の思考は言葉になり行動になり暴力になり、頭の外へ放出されるしか術がありません。今回、この手記を書かずにいられなかったというA氏の主張は、彼の正直さや真面目さをあらわしているし、手記の内容を漏れ聞くかぎり、すべて本当のことであったのだろうと思います。

 

だから、彼が手記を書くこと、自分が起こした事件についての詳細を回想して文章にすることを止める事なんて、誰にも出来なかったと思います。

手記を書くことは自由だけれど、どうして出版までしてしまったのか。もちろん、読んで欲しかったからです。世の中の人に、自分の想いを分かって欲しかったからです。

 

彼がこれからも生きていくためには、思考をまず1度リセットする必要があった。自分でも手に負えなくなっていく自分自身の胸に、杭を打ち込みたかったのではないのかと、私は思います。

 

「許せない。」と、人は簡単に口にするけれど、何かを許さずに生きていくことなんて実際には無理なのではないでしょうか。

自分には理解できないような行動を相手がする時には、相手は、自分には理解できないような苦しみを抱えているのかも知れません。それは世間一般にある苦しみとは異質の、ブラックホールのような底なしの恐怖であるのかも知れません。

底なしの恐怖を抱えてしまった人の苦しみは、誰にも分かってあげることはできないでしょう。でも、この人は苦しんでいるんだと周囲が理解して、適切に対処してあげることで、少しずつ心の闇を取り払ってあげることができるかも知れません。

 

一概に「おまえは悪い」「最低だ」と決めつけて、加害者を排除してしまうことは、こういった事件をより一層助長してしまうことにもなりかねません。今現在も、私たちは彼とともに共存していて、手を繋ぎ合って生きているのですから。

 

『絶歌』

 少年院に初めて弟たちが面会に訪れたときのことを、僕は生涯忘れない。

 2008年8月。事件から三年目の夏。僕は18歳、次男は17歳、三男は16歳だった。(略)

 その二人の佇まいは、事件から三年間の日々を、彼らがどれほど苦しみ、小さな肩を寄せ合い、歯を食い縛って耐え忍んで生き抜いてきたのかを、どんな言葉より雄弁に物語っていた。僕は強いショックを受け、愕然とした。罪悪感の万力がぎりぎりと僕の心を圧し拉いだ。(略)

 面会の終了時間が迫った頃、僕は意を決して、背筋を伸ばし、二人に向かって、

「僕のせいで、二人に辛い思いをさせてしまって、本当にすみませんでした」

 と、謝り、頭を下げた。恐る恐る顔をあげると、次男が口元を震わせ、必死に何かに耐えるように前屈みになり、やがてこらえきれなくなってその場で声を押し殺して泣き崩れた。辛く苦しい、忌々しい記憶を思い出させてしまったのだと思う。

 泣き崩れた次男の隣で三男は、やっとの思いで、震える涙声でこう言った。

「Aを、恨んだことはない。今でも、Aが兄貴で、良かったと思っとる」

 三男のその言葉に、胸が締め付けられた。僕が兄貴で良かったなんて、そんなはずはない。自分の友達の命を奪った僕に、なぜ三男はあんなに優しい言葉をかけたのだろう。なぜ、こんなにも苦しめた僕のことを、僕よりもずっとずっと苦しんだ三男が、気にかけてくれるのだろう。(略)

 数週間後、二人から返事の手紙が届いた。次男は、自分が好きな漫画のことを書き、手紙の最後のほうには、

「僕もAも、絶対に抜け出せないと思っていたあの迷宮から抜け出した」

 と書かれていた。(略)

 次男があの迷宮から本当に抜け出してくれたのなら、僕はどんなに救われることだろう。でも僕の方は「あの迷宮」からは抜け出せない。僕は多分、一生抜け出せないと思うし、抜け出してはいけないとも思う。(略)弟たちにしたことへの罪悪感にちゃんと苦しんでいないと、自分を保てない。

 

A氏にひとつ助言するならば、今すぐ手記の販売を中止して被害児童の家に直接謝罪に行くべきだと思います。そして、メディアの前で顔と実名を出し、これからは作家として生きていきますと宣言し、魂を削って長編小説を執筆してはどうでしょうか。自分の心の闇にまっすぐ向き合って、フィクションの世界で物語を紡いで生きていって欲しいと心から願っています。

スポンサーリンク