Everyday Quest

健康・ダイエット・お金・育児・人間関係

電力自由化とは?メリット・デメリット、会社の選び方まとめ

f:id:muhuhu:20171012144454j:plain

家庭向け電力の自由化が2016年から始まりました。

電力自由化についてはニュースや新聞で目にする機会もありますが、なんだかよく分からないという人も多いと思います。

そもそも「電力の自由化」って、いったいなんなのでしょうか?

当たり前のように「自由化」などと言われても、なんだかよくわかりませんので、今回は電力自由化の情報を出来る限り集めてまとめてみました。

自宅の電力を自由に選ぶことのメリットデメリットや、会社選びの方法について、参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク
 

電力の自由化って?

2016年位始まった電力の自由化で、事業者は、家庭向けの電気を自由に売ることが出来るようになりました。

消費者側の視点だと、自分が使う電力をどこから買うのか、自分自身で自由に選べるようになったわけです。

今まで、産業向けには電力を選べる仕組みがありましたが、家庭向け電力に関しては住んでいる地域ごとに決まった電力会社でしか買うことが出来ず、企業間の競争がないので消費者にとってはメリットが少ないといわれていました。

安さを重視するのか、発電の仕方で選ぶのか、個人個人で考えて選べるようになったんですね。

どういう仕組みになる?

新規参入として、太陽光や風力などで発電して電気を売る会社や、発電会社から電気を買い上げて、それを各家庭に販売する会社などが出てきました。

選べる電気事業者はさまざま…

  • 自然エネルギー事業会社(風力、太陽光など)
  • ガス会社(ガスとセット割)
  • 住んでいるエリア外の大手電力会社(東京電力、関西電力など)
  • 住んでいる地域の大手電力会社
  • 電機メーカー(家電とのセット割)
  • 通信会社(スマホとのセット割) 
スポンサーリンク
 

電力自由化のメリットは…

電力会社を自由に選択出来るようになった今、原発や火力発電に違和感のある消費者は、環境に優しい発電方法の会社を選ぶことができるようになりました。

また、ガス会社や通信会社などが参入したことで、電力とセットにした割引プランなども利用でき、以前よりもお得に電気を使うことができるようになったのです。

我が家では、2017年から始まったガス自由化に合わせてガスと電気を同じ会社で契約しました。

そうすることで、電気代もガス代も10~20%くらい割安になりましたよ。 

電力自由化にはデメリットも…

電力自由化のデメリットといえば、新規参入の会社などで、電気を安定して供給することが出来るかどうかわからないという不安材料があります

料金に惹かれて電力会社をかえても、新しく実績のない会社だと、災害などの時にきちんと対応してもらえるのかという心配も。

企業間のサービス競争になるので、当然生き残れない会社も出てきますし、需要と供給のバランスが崩れた時には、電気料金が大幅に値上げされることも考えられます。

またマンションや共同住宅では、個別に電力会社を選べなかったり、色んな制約があったりするパターンも出てくると思います。

安いからお得だからと安易に電力会社を替えずに、しっかりと検討した上で自分に取ってのメリットを見極めることが大切ですよね。

スポンサーリンク