アレルギーの原因は皮膚から入る|肌のバリア機能を高めればアレルギー予防に

f:id:muhuhu:20170414174455j:plain

今朝の新聞で、「アレルギーの原因物質は、最初は皮膚から入っている可能性がある」という新説が載っていました。

アレルギー症状って皮膚炎や鼻炎などの軽いものから、呼吸困難などの重いものもあるわけですが、それらの原因になるアレルギー物質がどうやって身体に悪さをするのかという部分が、少しずつ明らかになってきたそうです。

今回は新聞記事をまとめながら、アレルギーの仕組みについて紹介します。

スポンサーリンク
 

アレルギー反応のしくみとは?

そもそも、今まで「アレルギー」といえば、体を守る免疫の働きの異常だと考えられていました。

たとえば花粉症なんかだと、花粉自体には体に対してそれほどの害はないのに、免疫機能が「こいつは敵だ!」と決めてしまうことで(これが免疫の働きの異常な状態)、花粉が体内に入った時に「猛攻撃」をして追い出そうとします。

その「猛攻撃」が、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状となっているわけです。

なので症状自体は免疫機能が「自分を守るために」自ら起こしているのですが、守ろうという攻撃が強ければ強いほど身体はつらくなるのですね。

なぜ「敵」と決めつけるのか?

これまでアレルギー症状については免疫機能が「敵」とみなした物質を攻撃しているということは分かっていたものの、ではなぜ免疫が、花粉なら花粉を「敵」と決めつけて攻撃するのかが解明されていなかったのです。

おそらく免疫の遺伝子に異常があるのではないか」と考えられていたものの、科学的にはっきりとした証明はされていませんでした。

「親がアレルギーだと子どももアレルギーになりやすい」とか、よく言いますよね。

でも、「じゃあその根拠は何か?」というと、実は、きちんとした根拠がなかったのだそうです。

スポンサーリンク
 

研究で分かったこと

アレルギーのそもそもの原因は何かという研究はずっと行なわれていたのですが、その中で、新説として「アレルギーは最初は皮膚から侵入して、結果として免疫異常を引き起こしているのではないか」というのが分かりました。

お茶石鹸のアレルギー問題

 以前、人気のあった緑茶の石鹸(商品名は控えます)に含まれる小麦成分からアレルギーを発症した人がたくさん出て、大きなニュースにもなりましたよね。

これは緑茶の成分ではなく、石鹸にふくまれていた「小麦の成分」がアレルギーを引き起こしたのです。

被害にあった方はそれまで小麦アレルギーの自覚が無い人がほとんどでしたが、この石鹸を使ったことがきっかけで小麦アレルギーになり、その後はアナフィラキシーショックでパンやうどんが食べられなくなったという人もいました。

このケースでも、おそらく小麦の含まれた石鹸を継続して使い、肌から体内に成分が入ってしまったために小麦アレルギーを発症してしまったのだと思います。

それまでは全く自覚のなかったアレルギーが、何かのきっかけで突然発症するというのはすごく怖いことですよね…

ほこりや花粉などのアレルギー症状にしても、最初は原因物質が皮膚について、痒みや痛みを感じるところから始まるという説もあります。

アレルギーを防ぐことは出来る?

f:id:muhuhu:20170314131324j:plain

では、将来アレルギー症状が出ないためにはどうすれば良いのか。

そのためには、皮膚のバリア機能を高めておくことが重要だそうです。

常に保湿クリームやローションで保湿をするようにして、肌にベールをかけておけば、アレルギー物質が皮膚から体内に吸収されることをある程度防ぐことができますよね。

お風呂や洗顔の時は洗いすぎずに、肌本来の皮脂をとりすぎないように気をつけることも大切。

毎日のそうした心掛けが、アレルギーを防ぐ上では大切なのだそうです。

うちでは、子どもが生まれてからは「ベビーワセリン」を常備していて、肌荒れがあればすぐにつけるようにしています。

アレルギーへの効果などは考えずに、乾燥肌やアトピー対策で使っていたのですが、結果的にアレルギーを防ぐこともできてたならすごく嬉しいですね。

ちなみに、「ベビーワセリン」は、大人用のものに比べて安全性が高く、唇や目の回りにも安心して使えるので、とってもオススメですよ。家族みんなでお世話になっています。

肌を守ってアレルギーを防ごう

アレルギーは、いったん発症してしまうと長い期間、ひどい場合には一生つきあっていかなくてはいけない場合もあります。

ですから、もし普段の生活の中で防ぐことができるのなら、絶対にやってみた方が良いと思います。

小さなお子さんがいるご家庭はもちろん、肌の弱い女性なども、肌の保湿を見直して新たなアレルギーが発症しないように気を付けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク